ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

先輩ママが伝授!スキマ時間で取得できるおすすめ資格6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚、妊娠、出産のために、これまでのキャリアを断念した女性は多いはず。育児の間は家庭の事に手いっぱいでも、少し子供が大きくなって来たら社会復帰を考えたくなりますよね。でも以前のように一日中家を離れるわけにはいかない……。そんな悩めるママに伝授!育児の傍らでも働くために有利になる資格をご紹介します。すこしでも働くママの役に立てたら幸いです。

社会復帰を考えるママに人気の資格TOP3!


やっぱり不動の人気!簿記

経理事務はどこの企業でも求められるスキル。簿記の資格を持っていれば就職に有利に働くことでしょう。残業のある業種ではありませんから、子育ての合間に働くことも充分可能です。試験では電卓を使用するから、高い計算能力が求められるわけではないことも嬉しいポイント。経理の知識はどのような企業でも必要とされるため、夫の転勤などにも柔軟に対応できるのがこの資格の強みです。

パソコンを操れるママは素敵!MOS

MOSとはマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの略で、世界的企業のマイクロソフトが販売するソフトofficeの知識を持ち、その能力を認める検定試験です。今やどこの企業でもワード・オフィスが使えるのは必須事項。この資格があればデスクワークを中心とする企業で重宝されること間違いなしです。試験レベルには一般と上級がありますが、勉強量にそれほどの差があるわけでもありませんので、最初から上級のエキスパートを狙うのも一つの手です。

輸入・貿易のプロになろう!通関士

通関士というと何だか聞きなれない職業のようですが、要は輸出入の際に必要な手続きを行うお仕事をする人の事です。通関士は貿易に関する唯一の国家資格ですから、持っておくと将来的にも便利な資格だと思われます。通関士は営業所ごとに一人は必ず必要ですので、一定のニーズが見込めます。どこの企業もグローバル化が進んでいるので、働き口の選択肢は今後も広がると見て間違いないでしょう。

趣味を活かして資格取得!


癒し空間を演出するお仕事……アロマテラピー

ハーブやフルーツの油などを使って、嗅覚を中心に人の五感に訴え、癒しを目的とする自然療法を扱う仕事です。アロマテラピーはなかなか奥が深く、広い知識を求められますので、仕事に活かそうとするなら是非資格取得をおすすめします。2級までですと自分で香りを楽しむにとどまりますが、1級を取得すれば家族や他の人へアロマテラピーを施すことが可能になります。整体などの技術と合わせれば、マッサージ師としての就職も可能になりますので持っておくと便利ですね。

視覚に訴える幅広いお仕事……カラーコーディネーター

我々は実に様々なカラーに囲まれて暮らしており、無意識にその色に影響されて過ごしています。色によって体感時間や温度をコントロールすることを利用して、ファミレスや病院が空間作りをしていることは有名です。カラーコーディネーターの仕事は、こういった色が持つ心理的な作用を利用して商業に利用する際にアドバイザーとして関わっていくものになります。仕事だけでなく、自宅のインテリアや食事の盛り付けにも応用できるから、自分のごく身近な人たちのために利用できる能力だというのも嬉しいポイントですね。

最近注目度急上昇中……ファイナンシャルプランナー

高齢化社会が進む昨今の日本において、年金や保険、税金など、お金の管理がどんどん人々の関心を集めています。そんな中登場したのがファイナンシャルプランナーと言うお仕事。それらのお金の管理に関してアドバイスをするのが主なお仕事ですが、お金の管理の事ですから大きな責任が伴います。しかしながら女性にこういった職業が人気なのは、ひとえに人の暮らしに寄り添い、細かな気配りが得意だというのも要因の一つです。今まで培ったスキルに合わせ、女性の持つ心配りを存分に発揮してやりがいのある仕事をしてみませんか?

育児、炊事に追われがちのママですが、女性の社会進出が推進されてきている世の中で、再び働いてみたいという気持ちをあきらめることはありません。まずは家庭を大事にしながら、ゆっくりと自分が出来る事、やりたい事を探っていきましょう。素敵な職場が見つかることを祈っております。

関連記事リンク(外部サイト)

大学生のための就職に役立つ資格10選!
400人のクチコミからわかる!転職にも効く!取ってよかった資格ランキング【専門職編】
400人のクチコミからわかる!転職にも効く!取ってよかった資格ランキング【販売・サービス職編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP