ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[“47歳、妊娠4ヶ月。長い妊活と2度の流産を経て、家族3人で手を繋いで歩く夢が叶いそうです”]

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私47歳、夫48歳、初めての出産となります。

結婚したのは19年前でしたが一向に妊娠せず、しかし夫婦共働きで忙しかったせいもあり、いつかはできるだろう、と安易に考えていました。

40歳を過ぎた時は少し焦りましたが、よくテレビで40歳を過ぎた芸能人の妊娠したという話を見て、私も大丈夫だと高を括っていました。

しかし43歳になった時、さすがにこれはマズイと思い、初めて産婦人科を受診しました。

そしてその時初めて、40歳を過ぎると妊娠率がガクンと下がること.卵子は歳と共に老化するという事を知りました。

検査の結果、夫婦共に異常はありませんでしたので、とりあえず一年間はタイミング療法と人工授精で治療を進める事にしました。

しかし一年経っても結果がでず、体外受精へ進む事になりました。

最初の体外受精は化学流産という結果でした。

生まれて初めて見た妊娠検査薬の陽性に飛び上がって喜びましたが、胎嚢が確認できず、医者から化学流産という診断が下されたのです。

2回目の体外受精は繋留流産でした。

胎嚢は確認できましたが胎芽が確認できず、流産の手術を受けました。

2回の流産にかなりショックを受けましたが、逆に2回とも妊娠はできたという事に、少し勇気付けられたのも事実です。

しかしその後、3回、4回、5回、6回と着床すらせず、毎回受精卵のグレードがよかっただけに流産した時以上にショックを受けました。

さすがにその頃になると諦めの気持ちが大きく、いつまで治療を続けるか、考えるようになりました。

世間的にはとっくに諦めるべき年齢であるのはわかっていましたが、なかなか治療をやめる決心がつかなかったのです。

そして46歳、7回目の体外受精を最後に治療をやめる決心をしました。

最後の体外受精にむけて悔いを残さないよう、サプリ、運動、食事等、やれる事は全てやりました。

そうして迎えた最後の体外受精。

なんと無事妊娠し、現在4カ月、14週を迎える事ができました。

いまだにこの歳で妊娠できた事が信じられませんし、超高齢出産なので無事出産できるかどうかもわかりませんが、あの時諦めずによかったと、心から思います。

昔からの私の夢、家族3人で手を繋いで歩くというささやかな夢が、もう少しで叶いそうです。

著者:ちえ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

つわりで静脈へ点滴、日に10回のインシュリン注射…私の妊娠中は痛いことだらけ!
切迫流産で絶対安静…でも、もう家出してやる!!夫も実家も上の子を見てくれず怒り
「わたしも流産したのよ」かつて同じ経験をした母の、さりげない優しさに救われた

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP