体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一足お先にビルを丸ごと食べつくしてみた! 『GEMS大門』オープニングレセプション

01IMG_8468_R

野村不動産が、2016年3月7日(月)に9店舗が入る飲食商業施設『GEMS大門』をグランドオープン。

02IMG_8384_R

これに先立ち、報道関係者向けにオープニングレセプションが開催され、グルメ漫画の「孤独のグルメ」原作者・久住昌之氏を迎えトークショーを行った。

また、第二部では報道関係者及びこの地域の住民や勤務者約500名を招待してプレオープン試食会が開催された。
記者は全店舗を回り、そのうち試食できたものだけを紹介する。
なお店舗側の都合で試食ができなかった2店舗は除外している。

【9F】炭火焼肉と生肉うる寅

03IMG_8500_R

飛び級和牛が魅せる、圧倒的な“肉力”
焼肉一筋25年の店主が選ぶ、最高ランクA5黒毛和牛のチャンピオン牛クラスの「とび牛」を一頭買い。きめ細かく差し込んだ脂が、口の中であっという間にとろけます。「生食用食肉取扱者認定施設」として許可を得ていますので、ユッケや生ロース刺などの生肉も提供可能。選び抜かれた極上牛「とび牛」と生肉のおいしさを、是非ご堪能ください。

04IMG_8504_R

さすがに生肉でも食べられるというだけあって、さほど焼かなくてもとろりと美味しい。ちょっと高級な焼肉屋といったところか。

【8F】島の恵みと喰らえ匠

IMG_8402_R

本物の和食を、気軽かつリーズナブルに味わう
毎日届く鮮魚や生産者こだわりの肉やたまご、旬の野菜など、素材の良さをいかした本当の和食を堪能できるお店です。名物「ざる見せ」は、ざるにのせた鮮魚をお客様のもとへお持ちし、お好みの魚をお好みの調理法でご提供します。いつものチェーン居酒屋では物足りない、魚とお酒がおいしいお店に行きたい、そんなお客様の思いにお応えします。

IMG_8405_R

記者が特に言いたいのは、タイの刺身を塩でどうぞというところ。塩で食べさせるのは本当に食材に自信がないとできないと思っている。ボートで釣り上げた魚をその場でさばいて食べているような、磯の香りがたまらない。
店の雰囲気は高級料理屋のそれで、接待にも耐えうる。すべての食材がそうではないが主に淡路島産のものを使う。

【7F】燻製Dining OJIJI

IMG_8414_R

燻製(くんせい)だからこそできる、驚きと感動の味わい
コンセプトは“おじじの家(リビング)で開かれるホームパーティー”。おじじの燻製は手間を惜しまず、ゆっくりと時間をかけて仕上げる燻製方法。燻製の月日だけが育てる食材の香りや旨みに、料理を引き立てる選りすぐりのお酒の数々。ここは、おじじのプライベートリビング。忙しい日々を少し忘れて、ゆっくり流れる時の中で、大切な人とこだわりの燻製をお楽しみください。

黒毛和牛をくん製にしてしまうという何ともぜいたくなもの。煙い香りが深い味わいを出す逸品。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。