ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

正捕手問題が深刻化する阪神 打撃も誰かの「覚醒」待ち

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 金本知憲新監督のもと、新生・阪神タイガースは残り1か月を切った開幕の日に備えて最後の調整に臨んでいる。スポーツ紙を中心としたメディアから聞こえてくるのは「今年はイケる!」という威勢の良い声ばかりだ。だが実際は、かなりの問題点を抱えている。たとえば、センターラインで重要な正捕手も決まっていない。阪神の正捕手問題はここ数年の課題だが、今季はそれが深刻化している。

「金本監督としては先を見越して、12年目の岡崎(太一)を軸に、梅野(隆太郎)、小宮山(慎二)に新人の坂本(誠志郎)を競わせたいのでしょうが、どれも決定打に欠ける。キャンプでは三塁手争いをしていたはずの今成(亮太)にまで捕手の練習をさせていました。結局は38歳の大ベテラン鶴岡(一成)がマスクを被ることになりそうです」(スポーツジャーナリスト)

 おまけにこの野手陣は打てない。昨季も貧打に泣いたが(打率リーグ4位、本塁打数は同5位)、戦力補強はドラフトで獲った新人と助っ人外国人だけだ。

 頼みのゴメスは来日2年目だった昨年、.271、17本塁打、72打点と、1年目の数字(.283、26本、109打点)を大きく下回った。わずか1年研究されただけでこれではアテにできない。三塁に配置予定の新外国人のヘイグは、左わき腹痛のためキャンプ途中で二軍へ。開幕に間に合うとは考えにくい。阪神担当記者はこう語る。

「キャンプで金本監督は打撃力の強化に重点を置いていました。片岡篤史打撃コーチとともに身振り手振りで直接指導。選手たちは筋トレを重視し、バットを毎日1000回近く振り抜いていた。これで各人の打球の速さが上がったといわれていますが、まだ根本的な解決になったとはいえない。誰かの“覚醒”待ちという不安定な状態は変わりません」

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
阪神 「捕手9人登録」酷評されたが好調の意外な後押しに
関西スポーツ紙はほとんど二軍DC掛布ネタ 二軍が一軍上回る
広澤克実氏 「パの最下位は日ハム。ろくな補強していない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP