ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貴乃花部屋の絶品「トマトちゃんこ」 シメにリゾットも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 相撲部屋の「ちゃんこ」といえば、主役はやはり「鍋」。一度でいいから食べてみたい絶品揃いだ。

 貴乃花部屋(東京都中野区)の個性的な「トマトちゃんこ」は、力士の栄養バランスを考えて生まれた一品。昆布・鰹節ベースの出汁に、炒めたニンニクや玉ネギが入ったトマトソースを加え鶏肉・豚肉・野菜などを煮込む。

「チーズとの相性がよく、モッツァレラチーズを鍋に入れたり、粉チーズを振りかけると最高。シメには細いパスタも合うし、ご飯を入れてリゾットにしても美味しい」(ちゃんこ長の嵐望さん)

 武蔵川部屋(東京都江戸川区)は、武蔵川親方の大好物だという「豚足ちゃんこ」が名物。

 前日4時間、早朝2時間、アクを取り水を足しながら豚足を肉が溶けるまで煮込んだスープがベースの塩ちゃんこ。たっぷりのキャベツ、キノコ、白ネギ、豚肉がたまらない。1杯目はそのままで、2杯目はポン酢で味の変化を楽しむ。

 取材日のちゃんこ番はハワイ出身で甥っ子の武蔵国。「若い子は牛肉も大好き。地方場所の宿舎ではバーベキューちゃんこが恒例だよ」(武蔵川親方)

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
仰天! 「風呂に入れるラー油」が発売されていた
貴闘力と同期の角界出身落語家 最強ネタは『支度部屋外伝』
パクチーブーム火付役店 声の大きさと無料追加の量が比例

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP