ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車飲酒運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年6月から、自転車の違反を繰り返す利用者に「自転車運転者講習」が有料で義務付けられた。ところが、女性セブン読者384名にアンケートを行ったところ、自転車の正しいルールを把握していると自認しているのは約4割という結果に。

 警視庁によると、昨年調査した、自転車の違反別事故発生状況では、1位が安全不確認、2位が交差点安全進行義務違反、3位が一時不停止、4位が信号無視。一時不停止や信号無視は3か月以下の懲役または5万円以下の罰金。ルールを知りませんでしたでは済まされない重い罰が下る。また、自転車も飲酒運転は絶対禁止。5年以下の懲役または100万円以下の罰金に。

 いずれも5万円以下の罰金となる主な罰則は、以下のとおり。

【2人乗り】
 自転車に幼児用座席を取りつけた場合と、幼児同乗用自転車(ただし運転者は16才以上)なら2~3人乗りOK。大人の2人乗りは、2万円以下の罰金または科料になる。

【並進通行】
 自転車と並んで走ると、2万円以下の罰金または科料に。大人と子供の場合でも同じ。前後1列になって走ること。ただし、「並進可」の標識がある道路では2台まで通行できる。

【夜間の無灯火】
 夜間は前照灯をつけること。違反すると、5万円以下の罰金に。暗くなると自動点灯するオートライトもあるので活用を。

【ブレーキ不良】
 前輪、後輪ともにブレーキのある自転車しか公道は走れない。備えていない自転車は5万円以下の罰金。毎回乗る前に点検することが大切で、右のブレーキが前輪に、左が後輪にかかる。「左→右」の順でブレーキをかけると、安全に止まれる。

【そのほかおすすめできない運転】
 立ちこぎ…安全運転義務違反になるケースも。犬を引きながらの走行…自転車のバランスを崩す可能性が高いのでNG。

 ほかにも意外に知られていない自転車ルールはまだある。

 踏切前では、遮断機が下りていなくても一時停止すること。停止場所も決まっているので、降りて押して歩く方がベター。遮断機が下りた踏切への立ち入りは3か月以下の懲役か5万円以下の罰金となる。

 ベルを鳴らしていいのは、「警笛鳴らせ」の標識がある場所と、左折する大型トラックに巻き込まれそうになったなど、危険防止のためやむを得ない場合。歩行者が邪魔だからと鳴らすのは、警音器の乱用で、2万円以下の罰金になることも。

「視野を妨げたり、安定を失うおそれのある運転は5万円以下の罰金」なので、傘を差しての片手運転はNG。傘立て器具を使っても、高さ制限などに引っかかるため、自転車では傘を使わず、レインコートの着用がおすすめ。

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
自転車走行 ハンドル外に大きく荷物がはみ出すと道交法違反
自転車でイヤホン、ペット連れ、ハイヒール……は罪が重いぞ
携帯電話で話しながらの自転車運転は5万円以下の罰金で処罰

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP