ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全方位360度をスキャンできるライダーセンサー「Sweep」、お手ごろ価格で登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

光で距離などを測定できるLIDAR(ライダー)技術。高度かつ特殊な技術であることからこのセンサーは高価だが、ものづくりをする人がより手軽に活用できるようにと開発された「Sweep」を紹介しよう。

・衝突回避センサーとしても

開発を手掛けたのは、米カリフォルニア拠点のスタートアップ「Scanse」。自分たちのプロジェクトでLIDARセンサーを使おうとしたが、性能、使いやすさ、そして価格面でコレというものがなかったことから“自作”に至ったのだとか。

まさにニーズから生まれたこのScanse、どういう風に活用するかというと、例えばドローンやロボットに組み込んで、障害物の検出と衝突回避のためのセンサーとして活用できるとのこと。

あるいは、単に空間の大きさの測定に使うこともでき、わずか数秒で測定できるという。

・手のひらサイズ!

Scanseは全方位をスキャンでき、レンジ40メートル、サンプルレートは毎秒500。コンピューターとはUSBでダイレクトに接続させられる。

性能に加え、65×50.9ミリと手のひらサイズで、わずか120グラムと軽量である点も売りだ。

開発元によると、この手のものは通常1000ドル(11万4000円)以上と高価だが、SweepはクラウドファンディングサイトKickstarterで229ドル(約2万6000円)〜で入手できる。

出資期限は4月11日。ロボットづくりなどをしている人は要チェック!

Sweep/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP