ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】米ディズニー、ツムツムの人形で映画『スター・ウォーズ/新たなる希望』を再現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンテンツとビジネスを臆せずに織り交ぜる米ウォルト・ディズニーは、大きな頭が特徴のオンラインゲーム『LINE:ディズニー ツムツム』のぬいぐるみを使い、映画『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』を再現するオリジナルのショートビデオを公開した。

ずんぐりとしたハンソロ、レイア姫、ルーク・スカイウォーカー、チューバッカ、 C-3PO、R2-D2、ダース・ベイダーやストームトルーパーが映像に登場し、1977年のクラシック版を可愛らしくオマージュして再現している。

この映像は、ツムツムのぬいぐるみの購買促進と、『スター・ウォーズ』シリーズのプロモーションのために作られた。2月16日(現地時間)、ディズニーは『スター・ウォーズ』のツムツム・コレクションを立ち上げ、米国、日本、ヨーロッパのディズニー・ストアのオンラインと店頭で販売されている。

NPDグループの調査によると、2015年の米国内での『スター・ウォーズ』関連のグッズは7億ドルの売り上げとなった。玩具シリーズで2015年のトップとなり、映画『ジュラシック・ワールド』、映画『ミニオンズ』、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を合わせた売上よりも大きく、この市場を成長させた。

ディズニーは2013年に日本で最初にツムツムの玩具販売を始めた。同社によると、ディズニーストアの歴史の中でも、最も成功したぬいぐるみの商品ラインとなったという。

『スター・ウォーズ』ツムツムの映像は、米ディズニー・インタラクティブ・スタジオの『As Told By(原題)』シリーズの一部となる。同シリーズには、ほかに映画『アナと雪の女王』、映画『アラジン』、映画『塔の上のラプンツェル』がある。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP