ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

信号は「車用」を見る?など間違いがちな自転車の最新ルール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年6月から、自転車の違反を繰り返す利用者に「自転車運転者講習」が有料で義務付けられた。けれど――女性セブン読者384名にアンケートを行ったところ、自転車の正しいルールを把握していると自認しているのは約4割という結果に。そこで、自転車の最新ルールから読者の素朴な疑問まで、きっちりおさらいしておこう。

 車のように教習所がない自転車。「そもそもどこを走ったらいいのかわからない」(52才・主婦)、「車道を走れば自動車に、歩道を走れば歩行者に邪魔に扱われる」(32才・主婦)という声が。

 自転車は軽車両なので、自動車と同じ分類。そのため、「車道の左端を通行する」のが基本だ。しかし、「場合によっては、歩道を通行できる」という“例外”も。それがかえって混乱を生み、一瞬の判断ミスが事故につながってしまう。

「2015年に東京都内で起きた自転車事故のうち、46.9%は自転車側になんらかの違反がありました。つまり、利用者がルールを知ってきちんと守れば、多くの自転車事故が防げるんです」と警視庁の交通安全教育指導員・川嶋泰雄さん。

 子供から大人まで、免許がなくても気軽に乗れる自転車。だからこそ、ルールを学んでおきたい。

 警視庁をはじめ、各都道府県警などで、自転車の交通安全教室も行われているので利用してみては?

Q:自転車で歩道を走れるの?

A:歩道通行はあくまで例外。3つの条件を覚えて!
 大人が自転車に乗る場合、「車道が原則・歩道は例外」。例外に関しては以下の3つの条件を覚えること。親子で走行する場合も、「親は車道・子供は歩道」と覚えて。

●歩道に「自転車通行可」の標識がある時。

●13才未満の子供と70才以上の高齢者、身体に障害がある場合。

●安全のため、やむを得ない場合。
(やむを得ない場合の例)車道に駐車車両が並んでいる/道路工事などで車道の左寄りを安全に通行できない/自動車の交通量が多く、車道の幅が狭い。

Q:交差点を右折する時も車と同様に斜めに渡っていい?

A:二段階右折をする
 右折したい場合、自転車は二段階右折で渡るのが正解。警視庁の調べによると、事故の7割が交差点や交差点付近で起きており、出会い頭の事故のほか、左折車による自転車の巻き込みや右折車と直進自転車の衝突事故も多い。交差点を渡る時は、「右・左・右・右後方」の安全確認を行うこと。信号無視や一時不停止は、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金を科せられることもある。

Q:信号は「車用」を見るの?

A:信号の種類や走っている場所で守るべき信号は異なる
 原則として自転車は車道を走るもの。そのため、車用の信号を見るのが正解。ただし、歩道を走行している場合は歩行者用を、「歩行者・自転車専用」の表示がある場合はその信号に従って。以下の3つのパターンはよくあるケースなので、覚えておこう。

●車道走行時は車用の信号を見て車道の左寄りを走行
 信号は対面する信号機に従うのが原則なので、車道走行時は、車道の信号に従う。自転車横断帯がない場合は、車道の左寄りを走る。

●「歩行者・自転車専用」表示のある信号はそれに従う
 歩行者用の信号機に「歩行者・自転車専用」の表示がある場合、歩行者用の信号に従う。ただし、走る場所は車道か自転車横断帯なので注意を。

●歩道走行時は歩行者用の信号を見る
 歩道走行時は、歩行者用の信号に従い、自転車横断帯を走る。自転車横断帯がない場合は、歩行者の通行を邪魔しないよう徐行するか、自転車を降り、押して渡る。

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
自転車は基本的に車道通行 歩道通行時も歩行者が優先される
自転車走行 ハンドル外に大きく荷物がはみ出すと道交法違反
取り締まり強化の自転車ルール 歩行者へのベル鳴らしは違反

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP