ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

威勢のよい報道続く阪神 実際は12球団一ヤバい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『金本阪神4発! 超変革で初陣大勝』(2月17日・日刊スポーツ)
『二塁譲らん! 虎・西岡同点打で先制パンチ』(2月26日・サンケイスポーツ)
『メッセ開幕 5本柱でロケットスタート』(3月1日・大阪日刊スポーツ)

 連日のスポーツ紙の報道は、今にも阪神が優勝しそうなものばかりだ。

 その情報を鵜呑みにすると、今年の阪神には先発投手が6枚も7枚もっていて、内外野ともに選手の層が厚いために競争が激しく、加えて長距離砲がたくさんいる。金本知憲監督はスローガンである「超変革」の言葉の通り阪神を大きく変えた。今年の優勝はもうもらったようなもの──そう読める。

 だが、デイリースポーツの元編集局長で『阪神タイガース「黒歴史」』(講談社刊)の著者である平井隆司氏は、こう解説する。

「在阪スポーツ紙の場合、キャンプ、オープン戦での阪神の報道内容は通常でも7掛け。新監督ともなれば“半額”に差し引いて読まないとダメです。この時期の新聞はどんなネガティブな内容でも、ファンが喜ぶように書こうと努めている。オープン戦が終わるまでは悪いことは書きません」

 在阪スポーツ紙デスクが、苦笑しながら頷く。

「阪神の暗黒時代といわれた5位と6位の繰り返しだった頃(1995~2001年)でも、オープン戦の時期には、不安要素には目をつぶって前向きな話ばかり書かされました。それで6月には、もうストーブリーグの記事を書いたもんです(笑い)」

 つまりイケイケの報道はまったくアテにならないということだ。事実、今季の阪神は「12球団一ヤバイといえると思う」(同前)くらい不安を多数抱えている。

 まず金本監督が「鳥谷(敬=遊撃手)、ゴメス(一塁手)、福留(孝介=右翼手)以外のポジションは全部空いている」と語っているように、スタメンがまったく固まっていない。金本監督はこれをもって「競争が激しい」と話しているが、それは半面、どの選手も“帯に短し襷に長し”であるということとほぼ同義である。

 中でも問題視されているのはセンターラインだ。

「二塁を安心して守らせられる者がいない。順当に考えればレギュラーは西岡(剛)、控えは上本(博紀)でしょう。しかし右肘痛という不安がある西岡、初めて規定打席に達した14年に失策王になった上本と、両者とも守りにかなり問題がある」(阪神担当記者)

 遊撃手の鳥谷も年々守備範囲が狭まっており、二塁強化は不可欠。そのため金本監督は昨年まで中堅手を任い、守備に定評のある大和を二塁に移すことを発案し、大和はキャンプに内野用のグラブだけを持ち込んで、二塁の練習をしていた。

 だがそのプランはすぐに覆った。2月25日の日本ハムとの練習試合では、大和を「中堅手」として先発起用。大和は慌てて外野用のグラブを借りて出場するドタバタぶりだった。

「この背景にはOBの江夏(豊)さんの言葉があったといわれています。18日に視察に来た江夏さんが、“大和がセンターを守るのがいい。二塁には上本、西岡もいるのにどうする”と発言、金本監督も逆らえなかったと記者の間で話題になりました。確かに大和が中堅にいると安心ですが、約1か月かけて解決しようとしてきた二塁問題がふりだしに戻ってしまった」(同前)

 試合後、金本監督は「大和の外野もある」と弁明したが、チームの混乱を露呈する結果となった。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
鳥谷敬 批判してた「メジャー帰り厚遇年俸」になり複雑心境
金本氏 新井貴浩は「ダメダメ」、阪神入閣「ありえませ~ん」
金本知憲と掛布雅之の背番号 グッズ販売見込み現役時代のまま

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP