ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外取引ECではゲームやグッズ類も人気 イーベイ・ジャパンが2015年越境ECデータをRPG風に紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外販売したい企業を支援するイーベイ・ジャパン株式会社が、2015年の越境EC実績データをRPG風インフォグラフィックスにし『探し出せ! 伝説の越境 EC 成功のカギ』として公開したと発表しました。

【関連:かしこさがUPした!RPGの『でんせつのたね』が菓子になって登場】

そもそも越境ECとは何ぞや? とお思いの方も多いと思いますが、これは国内向けではなく外国語のサイトを設けて海外の消費者に販売する形態のことを指します。世界のEC市場規模は日本の約12倍にあたる約158兆円にも達しているそうで、イーベイ・ジャパンはビジネスチャンスの認知拡大を後押ししていきたいと考えているそうです。

2015年に日本と取引があった国と地域は201にも及び、上位は1位・アメリカ、2位・イギリス、3位・オーストラリア。人気ランキング(売上高)は1位・衣類・アクセサリー類、2位・カメラ関連、3位・装飾類となっていますが、4位にキャラクターグッズなどの収集品、5位がゲーム、6位おもちゃ、7位スポーツグッズに8位音楽(CD・レコードなど)と、ずらっとコレクション性のあるものが並んでいます。
衣服や装飾品が上位に来るのは納得ですが、それ以外はほぼ趣味に関するのものばかり。細かく分類されているので数値が散らばっていますが、総合的に考えると「日本の文化」も強く求められていることが分かります。


探し出せ! 伝説の越境EC成功のカギ』では、読み手を勇者に見立てたRPG風の物語として展開。読者はRPGの舞台となる「イーベイワールド」にあるジャパンアイランドを訪れた勇者となり、島民との会話を通じて越境ECも学んでいく流れになっています。これから越境ECを始めたいという人はどうしても期待の反面不安が付きまとうそうです。今回RPG調インフォグラフィックスにまとめたひとつの理由はそんな気持ちを冒険に繰り出す勇者に重ね合わせたそうですよ。

関連記事リンク(外部サイト)

高級車レクサスが15万ランドセル発表!で、庶民のランドセル買い得時期は?
コインを入れると「ぷぅ~」とおならの音がする貯金箱に妙な懐かしさを覚える件
すき家の通称「フリスビー丼」がしれっと復活

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP