ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「日本人は腸が長い」はウソ? お肉を食べたって平気です!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本人は欧米人に比べて腸が長い草食型。だから欧米人のように肉食習慣にするとガンや病気の原因になる」こんな話を耳にしたことはありませんか? でもこれ、なんと迷信のようなんです。

食生活の変化に警鐘を鳴らすための噂?

「日本人の腸は長い」理論は、一汁一菜の和食文化からファストフードや欧米食が流行り定着しつつある時代から聞かれ始めました。「ファストフードや肉食中心の生活は体に良くない」という注意をしたかったのかもしれませんが、いつのまにか「肉ばかり食べるとガンになる」「日本人に肉食は合わない」「肉を食べると狂暴になる」という極端な説まで登場。肉類が悪者になった理由には、繊維質が硬く消化に悪そうなイメージがあること、肉料理には油やにんにくが多く使われるため、それによる胸やけなどの体調不良が肉のせいになっていること、コレステロールが病気のもとと考えられていたことなどがあげられます。

腸の長さにはあくまでも個人差がある

日本人の腸が長くて欧米人の腸が短いのか? これについて実は医学的な裏付けはなく、腸の長さは人種ではなく個人差によるものが大きいとの見方が強いそうです。食べ物は胃腸で消化酵素によって分解されますが、この消化酵素が少ない人は消化不良になりやすいため、肉類を食べて下痢になることもあるそう。また、実は肉アレルギーだったり、肉の脂が消化できない場合もあります。肉料理によく合うにんにくは疲労回復効果もありますが、アリシンという成分は胃腸を刺激するため腹痛や下痢になる人もいます。肉食ばかりに偏るとミネラル不足になるためイライラの原因になりますが、これも肉のせいではありません。

植物性と動物性ではタンパク質にも違いが

肉を食べなくても大豆でタンパク質は摂れる! という理論もありますが、植物性タンパク質と動物性タンパク質とではアミノ酸の含有量や吸収率が異なります。筋肉や臓器を作るのは動物性タンパク質。脂質が少なく低カロリーの植物性タンパク質はダイエットに向いているので好んで摂られるわけです。でも肉類はタンパク質だけでなく、ビタミンB群や鉄分も一緒に摂れる優秀な食材。気になるコレステロールも2015年からは病気との因果関係に科学的根拠は無いと厚生労働省で摂取の上限が撤廃されています。

宗教的な理由や国の食文化の違いから肉を口にしない菜食主義の人は大勢います。古来の健康的な食事に戻すために精進料理にすることもひとつの健康法です。ただ肉にもしっかり栄養はあって、人間の体を蝕むような食材ではないことは間違いありません。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP