体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【福岡】本店と変わらぬ旨さを250円で!? 激安博多ラーメンの謎に迫る!

f:id:mesitsu_lb:20151019152654j:plain

まだ、消費税が3%だったころ、地元・福岡のタウン情報誌に「500円未満の旨いラーメン」をテーマにコラムを連載していたことがある。

Wスープだの黒ラーメンだの、煮玉子だのとろとろチャーシューだのとラーメンがやたらと豪勢になって、福岡でも600円もするラーメンが話題になり始めた頃の話だ。

もちろん、そういう“ごちそうラーメン”に対するアンチテーゼのつもりの企画である。

しかし、今や消費税が5%になり、8%になり、小麦をはじめとする材料は高騰して、もはや福岡でもラーメン1杯600円が当たり前になってしまった。

そんな福岡で、今でも1杯250円という驚きの価格でラーメンを出す店がある。福岡市及び近郊に4店を構える「18(いっぱち)ラーメン」だ。

f:id:mesitsu_lb:20151019152129j:plain堂々と「ラーメン250円」を掲げる「18ラーメン博多駅南店」

※飯塚の上三緒店のみ、本店から遠方にあるため1杯280円。

福岡でも、ラーメンブロガーが「デフレラーメン」と呼ぶ激安ラーメンフランチャイズや食品会社が経営するチェーン店がいくつかある。それでもせいぜい1杯280円か290円といったところだ。

しかし、「18ラーメン」を直営する「一九(いっきゅう)ラーメン老司店」は、昭和40年創業の歴とした老舗ラーメン専門店。老舗ならではのオーソドックスで味わい深いラーメンを1杯450円で提供しており、普通に考えれば十分に安い。

店もお昼時に限らずいつもお客で賑わっている。それでも、直営の「18ラーメン」ではそれとほとんど変わらないラーメンを1杯250円で出しているのだ。

どうしてそんな激安価格で出せるのか?その謎を探るべく、まずは本店である「一九ラーメン老司店」に行ってみた。

f:id:mesitsu_lb:20151019152217j:plain市内でもけっこうな郊外にありながら、客足が途切れることのない「一九ラーメン老司店」

本店が守る博多の味

「一九ラーメン老司店」のラーメンは、豚のロース骨(背骨)とげんこつ(脛骨や大腿骨)だけを使った豚骨100%の白濁スープ。ストレートながらまろやかな豚骨の旨味を味わえるのが特徴で、脂がサラサラなので後口がさっぱりしている。ほんのり小麦が香る麺はなめらかな歯ごたえで、このスープに相性抜群だ。

そして、具はバラ肉のチャーシューに博多ネギのみ。これで1杯450円。余計なものを加えない、横綱相撲の一杯だ。

トッピングでは、ワンタンがナンバーワンの人気を博している。

f:id:mesitsu_lb:20151019152257j:plain

老司店のラーメン。スープは白濁しつつも、透明感を感じる。

f:id:mesitsu_lb:20151019152328j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。