ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、富士通製「F-12C」のソフトウェアアップデートを開始、再起動問題への対処など

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは9月22日、富士通製Androidスマートフォン「F-12C」のソフトウェアの不具合を解消するアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートの主な変更内容は以下の通り。

電源ON時、携帯電話(本体)がフリーズし再起動する場合がある事象への対処。 画面表示をOFF後、HOMEボタンを押下しても画面が点灯しない場合がある事象への対処。 ブラウザで新しいページを表示する際に、まれに既に開かれているウィンドウが正常に動作しない場合が事象への対処。

アップデートはネットワーク経由で配信されており、端末「menu」ボタンを押下→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「更新を開始する」→「はい」の順にタップすることで即時更新が可能です。なお、更新にかかる時間は約10分となっています。Source : NTTドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「MEDIAS N-04C」のAndroid 2.3バージョンアップを開始
米AT&T版Galaxy S IIは10月2日発売
LTEスマートフォン「LG-LU6200」と「SHV-E120L」の主要スペックがリーク

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。