ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016春夏のトレンドメイク♪春のイマドキ顔になる5つのポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

軽やかなファッション、メイクも合わせて♪

心ときめく春がやってきましたね。
軽やかなファッションに身を包んだら、メイクに流行のエッセンスを取り入れて、春顔にシフトしましょう。

 

2016春夏メイクの押さえておきたい3つのポイント

2016年春夏のメイクトレンドをCHECK!
①エフォートレスな肌
素肌っぽく見える、作りこまない肌が流行しています。
エフォートレスな肌作りにはメイク下地が必須。パール入りの薄いピンク系カラーがおすすめです。
ファンデーションは薄づきのツヤ感があるものを選びましょう。仕上げのパウダーはブラシを使用して、テカりやすい部分にだけサッと塗り、自然なツヤ肌を目指して。

②美人に見せてくれる♪太過ぎないラウンド眉
太くてふさふさの平行眉や下がり眉が流行していましたが、今年は太すぎないラウンド形の眉がトレンド。
眉をラウンドに描くとフェイスラインが綺麗に整って見える効果があります。(北川景子さんや、堀北真希さんなど、人気の女優さんたちもラウンド眉!)

③サーモンピンクや、さんご色など柔らかいカラー
毎年春になるとピンク色が流行しますが、今年はいつものピンクと違い、柔らかなさんご色やサーモンピンクのアイシャドウやチークの新製品がたくさん発売されています。肌馴染みもよく、優しい印象の仕上がりに。
今年大注目されている華やかなフローラル柄のファッションに柔らかなカラーのメイクを合わせるとおしゃれ!

 

まつ毛とリップはナチュラル感がイマドキ!

④カールし過ぎないリラックス感のあるまつ毛
マスカラをたっぷり塗った、しっかりカールのお人形まつ毛もかわいいですが、今年は断然カールさせていないナチュラルな脱力系まつ毛が人気。
エフォートレスな肌にはリラックス感のあるまつ毛が似合います。

⑤リップは透け感のある青みピンクやベリー系カラーをセレクト。
真っ赤なリップがトレンドでしたが、この春夏は青み系ピンクや、少し深みのあるベリー系カラーのリップが人気です。
透けるようなシアーな質感のリップなら、派手になり過ぎず旬のナチュラル唇になれます。グロスでテカテカさせるのはもう古いです。

いつものメイクに何か一つ、流行のエッセンスを取り入れるだけで、イマドキ顔にシフト!
旬のメイクで春をもっと楽しみましょう♪

新見千晶

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。