ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Amazon震災の「記憶」配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Amazom.co.jpが3月3日、時が経っても忘れてはいけない「記憶」をデジタルアーカイブ化し残していく「記憶の継承」プロジェクトをスタート。天災や戦争、社会問題などにまつわる人々の声や記憶を広く共有し、いつでも触れられる機会を創出することを目的とし、10日からは東日本大震災にまつわるアーカイブも配信していくという。

【もっと大きな画像や図表を見る】

オーディオブック「Audible」では、当時小学5年生だった3人の高校生へのインタビューを収めた「16歳の語り部~インタビュー版~」や、「卒業式を終えたばかりの学校で ~宮城県山元町山下中学校の元校長先生が語る~」「福島の海岸線の松林の復活を目指して ~トチギ環境未来基地が活動記録を語る~」を公開予定。

「Kindle」では、「三陸・広田半島の漁師が伝えたいこと」と復興に取り組んでいる漁師からのメッセージをまとめたもののほか、当時アクセス集中により次々にダウンしたWebサイトに対し、Amazon Web Services(AWS)メンバーがどうサポートしたかを語る「会社の枠を越えたウェブサイト復旧支援 ~東日本大震災時にAWSユーザーグループのメンバーはどう行動したか~」を配信。

その他「陸前高田市消防団高田分団 震災から3か月後」「TEAM_SUMITA ボランティアの肖像」「Amazonの社員は、何故4年間ボランティア活動を継続できたのか」も公開される。

またGoogleでも「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」の活動の一つとして、被災地域のストリートビューを公開中。特設サイト「未来へのキオク」では、震災前の様子も見ることができる。

東日本大震災からまもなく5年。Twitterには、Amazonの取り組みに対して

「なるほど、こういうやり方もあったか。継続に期待。」という声があがるほか、Googleに対しては

「未来へのキオクかぁ。グーグルだけにいきなり綺麗な検索結果が出る。忘れようにも忘れられない。あの日、初代iPadを持っていてよかったとおもえることがたくさんあった。」
「グーグルのストリートビューを見ていたら、昔よく通っていた場所が更地になっていて、調べたら取り壊された様子。震災で耐震補強か解体かの二択を迫られて、後者を選んだ建物が結構あるんやな。震災以前に広い郊外に移転した店もあるし。街もどんどん変わっていくんやなーと思い出に浸ったりした。」

という声があがるなど、ネットユーザーの関心も高い。
(花賀 太)
(R25編集部)

Amazon震災の「記憶」配信はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

Googleが震災前後の比較映像公開
災害の情報発信「Twitterは最強?」
被災地のストリートビュー2倍に
「171」「118」etc.…知っておきたい電話番号
実現が待ち遠しい未来技術1位は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。