ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

資生堂 薄毛研究強化の背景に化粧品需要の伸び悩みあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈毛髪再生へ臨床研究 資生堂、脱毛部に細胞移植〉──朝日新聞(2月26日付)の記事によれば、資生堂が再生医療の技術を駆使し、毛髪を蘇らせる研究を進めているという。年内に臨床研究を始める見込みで、2018年中の実用化をめざすという。

 あと2年でハゲが治るかもしれない──世の薄毛男性に福音をもたらす画期的な研究のカギとなるのは、「自家細胞移植」だ。

 これは、患者の頭皮から採取した「底部毛根鞘細胞(ていぶもうこんしょうさいぼう)」(毛髪の成長に重要な役割を果たす細胞)を培養して人工的に増やし、患者の頭皮に戻して毛髪を蘇らせる移植技術のこと。

 自家細胞移植への期待の高さともに驚いたのは、資生堂という企業がここまで熱心にハゲ研究に勤しんでいたことだ。

「一瞬も一生も美しく」「日本の女性は美しい。」などのキャッチコピーで知られる同社は、女性向けの化粧品の製造・販売というイメージが強い。しかし、意外にも資生堂の育毛研究は昨年で「100周年」を迎えた歴史ある事業なのだ。化粧品業界誌『月刊 国際商業』を発行する国際商業出版の栗田晴彦社長が解説する。

「明治5年(1872年)創業の資生堂は日本における“育毛のパイオニア”です。育毛剤の草分け的存在といわれるヘアトニック『フローリン』を大正4年(1915年)に発売し、以来100年にわたって育毛の研究に取り組んできた」

 その歴史の中で資生堂は質の高い商品をいくつも世に送り出してきた。1982年には育毛剤「薬用不老林」が大ヒットし、2005年には毛髪を長く、太く、すこやかに成長させる成分「アデノシン」を含むスカルプケア商品「薬用アデノゲン」を発売し、話題になった。さらに海外展開も進んでいるという。

「資生堂は海外の薄毛市場にも積極的に目を向けてきた。2011年からアジア市場に展開した育毛剤『ザ・ヘアケア アデノバイタルスカルプエッセンス』は発売から1年半で売り上げ100万本を記録する大ヒットとなりました」(同前)

 そんな老舗の資生堂がハゲ対策の切り札として近年、力を注いできたのが今回の自家細胞移植なのだ。

 2014年11月に再生医療新法が施行され、これまで医療機関にしか認められなかった再生医療のための細胞の培養や加工について、企業も一定の条件を満たせば行なえるようになった。それもあって資生堂はレプリセル社との提携や神戸の拠点開設など、再生医療による毛髪再生の実現に向けた布石を着々と打ってきた。

 その背景には化粧品市場の縮小も影響しているようだ。高齢化が進み、国内の化粧品需要は伸び悩むとみられている。

 その一方、中高年男性の薄毛市場は潜在的な成長分野だ。日本人の男性で薄毛を認識している人は約1300万人とされるが、資生堂はこの“金脈”に目を向けたと解説するのは経済アナリストの森永卓郎氏だ。

「これまでになかった技術を生み出せれば、大きな反応が期待できる分野です。中高年男性の薄毛市場では長年の研究の蓄積もある。資生堂は今後、この分野により注力していくのではないでしょうか」

 2018年には「日本の男性は美しい。」なんてキャッチコピーが打ち出されているかもしれない。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
祝ノーベル賞! iPS細胞の基礎から可能性までが分かる本
歯周病で失われた歯茎、歯槽骨を元通りにする再生治療の研究
注目の毛髪再生医療 米国企業ではフェーズ2の段階まで進む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP