ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野々村被告 右耳に集中させる仕草は記憶障害とは関係ない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「思い出す努力をしますので、お待ちいただくようお願い申し上げます」(10秒間沈黙)

「思い出せません」

 号泣会見から約1年半、野々村竜太郎元兵庫県議(49才)は、再び“時の人”となった。先月から開かれている裁判では、スキンヘッドにジャージー姿などで出廷し、「記憶にありません」「右耳を集中させます」などを連発し、検察官や裁判官どころか弁護人からも呆れられる始末。その野々村元県議が繰り返し主張するのは、「記憶障害」という病に罹っているということ。

 どんな病気なのか?

 記憶障害には大きく分けて5つのパターンがある。

【1】「短期記憶障害」…今日の日付を忘れる、会話中に何度も同じことを聞く

【2】「長期記憶障害」…通った小学校の名前や自分の就いていた職業が思い出せない

【3】「エピソード記憶の障害」…人生の中で経験(結婚、出産など)したことを忘れる

【4】「手続き記憶の障害」…料理、洗濯など体で覚えたことができなくなってしまう

【5】「意味記憶の障害」…言葉の意味を忘れてしまい“あれ、それ”が多くなる

 原因について、東京都健康長寿医療センター研究所・老化脳神経科学研究部長の遠藤昌吾さんが言う。

「記憶障害は脳へのダメージ(強い衝撃、薬物、アルツハイマー病などの神経疾患など)や心因性のストレスなどが原因で、その障害の時点から“新しい記憶を形成できなくなる”か“過去の記憶をなくす”かの症状が表れることをいいます。治療法は原因によってさまざまですが、もし記憶障害が疑われたら神経内科、心療内科か物忘れ外来で診てもらいましょう」

 といっても、裁判で当時のことについて聞かれるたびに、「記憶にありません」「記憶障害なので」を繰り返す野々村元県議だが、「診断を受けた日は?」と問われるとその日付を即答するなど、その病に疑いを持ってしまう人もいることだろう。

「診断された日だけ覚えているというのは、少し不自然ですね。医師による精神鑑定を待たなければなりません。ましてや右耳に集中させるなんていう仕草は、記憶障害とは関係ありません。

 記憶障害克服の努力をしている人はたくさんいますし、記憶障害で行動が変わってしまう人もいます。でも、彼の場合は一貫してキャラクターも変わっていないような気がします」(遠藤さん)

 記憶障害は重篤になれば健忘症や認知症にもつながる重大な病なだけに、高齢の両親を持つ主婦(46才・都内在住)からは、「記憶障害のイメージを悪くしている。うちの親がもしそう診断されても周囲に言えない」という声もあがっている。

「専門の医師の鑑定が必要ですが、野々村さんは強烈なストレスで長期記憶障害、もしくはエピソード記憶の障害の可能性があります。たとえば、脳がイヤな記憶や思い出したくないことを思い出さないように押さえつけることもあるんです。たとえば津波の記憶や事故の記憶がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を起こさないよう、脳がうまく記憶をコントロールする。これは障害ではなく、自分を守る見事な適応です」(遠藤さん)

 病を疑うのは、決してよいことではないが、この病を正しく理解すればするほど、“う~ん?”とモヤモヤ…。野々村元県議の病が治る日は来るのだろうか。

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
野々村元県議 市役所在籍時「人と会わぬ部署」に異動の過去
野々村県議、年老いた母と2人暮らしの自宅に帰らず 母も不在
野々村竜太郎氏政務活動費を精査 不自然支出のオンパレード

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP