ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビートたけし、スカーレット・ヨハンソン主演の実写版映画『攻殻機動隊』に出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北野武(ビートたけし)がドリームワークスの実写映画『Ghost in the Shell(原題)』に出演する。同作は、押井守監督による日本の人気アニメ『攻殻機動隊』のハリウッド実写版となる。

北野は、スカーレット・ヨハンソンが演じる主人公のサイボーグ警察官の上司で、内務省公安9課長の荒巻大輔を演じる。

ルパート・サンダーズ監督による本作は、キャスト陣に日本人やアジア人がいないことについて、ファンやコメンテーターたちから厳しい非難を浴びていた。映画監督として国際的な受賞歴を持ち、ヤクザや警察官役で力強い演技を発揮することで知られる北野の出演は、この非難を鎮静化させるかもしれない。

北野は日本のトップ映画監督の1人であり、著名な俳優であり、コメディアンでもある。普段はビートたけしの名前で活動している。

北野の本作への出演は、ベルリン国際映画祭で初公開され、最近日本でも公開されたウェイン・ワン監督のエロティックドラマ映画『女が眠る時』に続く出演となる。また、1995年のSFスリラー映画『JM』でヤクザ役を演じて以来のハリウッド映画への出演となる。

同作の配給は、米ウォルト・ディズニーから米パラマウント・ピクチャーズへと移った。『Ghost in the Shell(原題)』は2017年3月31日に米劇場公開予定。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP