ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オランダの「住人全員が認知症の村」へ行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オートロックで施錠され、監視カメラで厳重に管理された入り口から敷地に入ると、目の前に噴水のある広場が現われる。広場のベンチには白髪の女性が静かな笑みを浮かべながら腰掛け、その先に続く通りでは80代と思しき男性の車椅子を、家族と思われる中年男女が押しながら談笑している。レンガ風の外装の建物が建ち並び、スーパーやカフェも軒を連ねる──。

 オランダの首都・アムステルダムから車で20分ほど走った田園地帯にある、3~4メートルほどの高い塀にぐるりと囲まれた“村”の光景だ。この村は、オランダ企業のヴィヴィウム・ケアグループが運営する介護施設「ホグウェイ」である。

 介護が必要な高齢者が集団で暮らしてケアを受ける、日本でいうグループホームのような施設だが、2012年頃から英紙『ガーディアン』、米紙『ニューヨーク・タイムズ』をはじめとする世界の主要メディアが取り上げてきた。ホグウェイの広報担当者が説明する。

「ここは2009年に開設された介護施設ですが、入居できるのは認知症患者だけで、現在152人が暮らしています。他にはない特徴の一つとして約1万2000平方メートル(甲子園球場のグラウンド面積とほぼ同じ)の敷地がひとつの『街』のように機能していることが挙げられます。住居だけでなく、カフェやスーパーマーケット、映画館など、入居者がくつろげる環境を整えています」

 この構想を発案したのは現地の老人ホームで働く女性ヘルパーたちだった。そのうちの1人が、ホグウェイの創設者であり現在の施設代表者のイヴォンヌ・ファン・アーメロンヘン氏だ。

「現代表を含め、発案したヘルパーたちの両親は認知症やアルツハイマー症を患って亡くなりました。彼女たちは、“両親に適切なケアを受けさせてあげられなかった”という後悔の念から、リサーチと研究を重ねました。その末に、患者を病院や施設に閉じ込めるのではなく、極力それまで通りのライフスタイルを送らせてあげることが、どんな治療にも代えがたいケアになると結論づけたのです」(同前)

 そして生まれたのが、一つの村ごと施設にしてしまう「ホグウェイ」だった。敷地内には、約250人のスタッフが配されている。ここまで大規模な取り組みは、福祉に手厚い欧州でも他に例がなく、英紙『ガーディアン』が「認知症患者のためのテーマパーク」などと報じたことで注目はさらに高まった。

◆入居費用は月額約62万円

 3月1日、日本の最高裁で注目の判決が下された。2007年に、愛知県で認知症男性(91、当時)が徘徊中に列車にはねられた事故で、鉄道会社が列車遅延などで受けた損害について、男性の妻と長男に賠償を求めていた裁判の判決である。

 最高裁は家族に賠償責任はないと判断したが、その一方で判決文では「家族が責任を問われる場合もある」とした。日本の認知症患者は予備群も合わせて800万人と推計されている。患者が事故を起こすリスクを、家族だけが背負う社会でいいのか。事故を防ぐために患者を閉じ込めることは許されるのか。様々なことを考えさせられる裁判だった。

 そうした問いへの答えのヒントが、ホグウェイにあるのかもしれない。ホグウェイでは認知症の高齢者が違和感なく“日常生活”を送れるように、カフェやレストラン、スーパーマーケット、美容院、映画館なども併設されている。

 元日経新聞編集委員で福祉ジャーナリストの浅川澄一氏は3年前から複数回、現地を取材している。

「敷地内は緑も豊かで、ゆったりとした時間が過ごせる空間です。スーパーも日用品をきちんと取りそろえています。介護施設であることを思わせるのは、ワインが置いてある棚の隣に、スウェーデン製の高級おむつ『TENA』のパックが積まれていたりするところくらいです。

 ただ、普通に見えるスーパーの店員も美容師も皆、施設スタッフです。買い物は、事前に渡されているカードで決済します。利用額の上限が決まっているので、買いすぎて混乱することはありません」

 財布を忘れたりするリスクも未然に防げるわけだ。認知症患者のケアで難しいとされるのは、本人が街を出歩いた時に起きるトラブルの数々だ。財布を忘れるといったこと以外にも、レジで会計を忘れて万引き犯扱いされてしまったり、車を運転して事故を起こしたり、前述の賠償訴訟のように列車事故に巻き込まれたりするケースがある。

 ただ、そうしたトラブルの中には、周囲が「この人は認知症だ」と理解していれば防げるケースも少なくない。2007年の愛知県の事故では、認知症男性は無人改札を通って電車に乗り、一駅先で下車してホームの端のフェンス扉を開けて線路に降りている。男性の衣服には家族が連絡先を書いた名札を縫い付けていたが、家を出てから事故に巻き込まれるまで、誰も気付かなかった。

 ホグウェイのように、「周囲が全員スタッフ」という環境では、そうしたトラブルは起きにくい。

 ちなみに入居費用は月額5000ユーロ(約62万円)だという。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
76歳認知症患者の運転事故 家族含め3億円超の損害賠償提訴
認知症の医師の選び方 日本認知症学会HPで専門医を探す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP