ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

俳優生活55年小倉一郎 若き日の孤独を撮影所が埋めてくれた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優生活55年を迎えた、俳優で俳人の小倉一郎(64才)。細身で頼りなさそうなキャラクターを強みに、市川崑監督(享年92)や深作欣二監督(享年72)など名匠たちと渡り合ってきた。一方で俳句やエレキギター、作詞作曲、篆刻(てんこく=書画などに使う印章を作ること)、墨絵…とマルチな才能をのぞかせる。尽きることのない彼の好奇心はどう生まれたのか?

 梅宮辰夫(77才)の口添えで東映児童演劇研修所に入り、石原裕次郎さん(享年52才)主演の『敗れざるもの』(1964年)で映画デビュー。脚本家の山田太一(81才)にかわいがられ、多くの名匠たちと渡り合ってきた。出演した作品は約500以上。それでも、“大御所だぞ”と、偉ぶるところは一切ない。むしろ、「密着は長丁場になるでしょうから、こちらをどうぞ」と、パンや寿司をふるまわれてしまう。さらに自身の著書、CD、手品グッズ、特注の原稿用紙…と会うたびに手土産を渡される。

「いや~…そんな特別なことは。養母は生前“人によくしろ”と言っていましたから。あ、生みの母はぼくを産んで1週間で亡くなってしまっているんです。父は結核で入院したきりだったので、父の姉、つまり伯母が引き取ってくれました。その時、伯母は51才でしたから、バアさんです(笑い)。一生懸命育ててくれたのは幼心にもわかりました。生活保護を受けているのに、月賦でぼくのギターを買ってくれたり。でも言葉遣いにはうるさくて、ちょっとでも変なこと言うと物差しでぶたれましたね(苦笑)」(小倉・以下「」内同)

 慈しむように家族の話をする小倉。実は小倉には双子の兄がいたが、2才の時に船着き場で遊んでいてふたりとも溺死し、2つ上の姉は小倉が16才の時に脳腫瘍で亡くなってしまった。そして入退院を繰り返していた父も交通事故で不慮の死を遂げてしまったという。そんな孤独を埋めてくれたのが、撮影所であり、本だった。

「エキストラの仕事で学校も休みがち。たまに出る算数の授業なんてちんぷんかんぷんです。貧血で倒れるので体育も教室からぽつんと眺めてるだけ。だから喜々として撮影所に通っていましたよ。それと当時、隣に住んでいたお姉さんが芸術系の大学に通っていて、読み終わった芸術誌を分けてくれた。そこには俳句も絵画も篆刻も全部入っていて、夢中になって読んだものです。だからぼくにとって本は師であり、友達なんです」

 俳句は父も母もたしなんでいた。

「女優の松岡みどりさん(70才)と舞台をご一緒している際、『初芝居女樂屋の笑ひ聲(こえ)』と詠んだら褒めていただいて。そこからですね。俳句では、うれしいとかかなしいという言葉を極力排除しながらも、そこから感情がにじみ出てくるところに美を感じます。ぼくは“月がきれいですね”というような句より、(胸の部分に手を置いて)人間の気持ちを揺さぶるような句にこだわっていきたい」

 俳句教室の生徒からは「小倉先生の『早春や恋もしなくちゃなんないし』が大好き!」という声が。

「長生きはしたいです。ひ孫も見たいし(子供は4人、孫4人!)、映画も作りたいし、ギターも俳句も…やりたいこといっぱいなので(笑い)」

撮影■浅野剛

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
ピース又吉が俳句の師に学んだ2年間を対談形式でまとめた本
『とくダネ!』天達武史 小倉智昭に「有名にする」と言われた
『とくダネ!』 小倉智昭と菊川怜はCMの間やVTR中も仲良し

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP