ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランスがソーラー道路に本気! 5年かけて1,000km以上も建設するらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約530万人分の電気が供給できることに。ソーラーを設置する際の一番のポイントは「どこに置くか」ということですが、道路ならば様々な問題を解決してくれそうです。

道路に使うソーラーは
約6.5mmという驚異の薄さ

フランスの企業、Colas社が開発した道路用のソーラー「Wattway」は、約6.5mmという驚異的な薄さを実現していて、コインと比べてもご覧の通り。もちろんブレーキ時に滑らないような工夫や、耐久性なども確保されていると言います。

古くなった道路に有効活用。
可能性が広がる!

様々なテストや開発を進めながらも、フランス政府は今後5年で1,000km以上の道路をソーラー化するとのこと。道路1km分で、約5,000人規模の街の公共照明を供給できるというシミュレーションもあり、つまり1,000kmで500万人分!

じつは、道路はソーラー発電に最適な場所とも言われていて、古くなってしまった道路などを有効活用すれば、効果的にクリーンなエネルギーの供給ができます。交通量が少ない道路ならば、日が当たる時間も長いというわけ。

ソーラー道路への取り組みはオランダや韓国なども積極的で、今後も様々な動きがありそうですね。

Reference:Co.Exist
Licensed material used with permission by Wattway

関連記事リンク(外部サイト)

太陽光発電。敷地不足を解決する「まさかのアイデア」がついに発見される・・・
たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
オフィスのムダ紙を「新品」にしてくれる、小型製紙機が日本で発売に!

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP