体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

よく知らなかったし、イメージもとくにないけれど、最近やたらにニュースでみかける「コスタリカ」について

Arenal Volcano in wispy clouds

コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業を達成しました。その取り組みからは地球的規模の問題を解決するヒントが。今、注目されつつあるコスタリカについて!

九州+四国程度の広さに
約8万7,000種の生物が棲息

costarica160215-01

コスタリカ共和国は、南北のアメリカ大陸をつなぐ、中央アメリカの南部に位置する国です。細長い国土の北はニカラグア共和国、南東はパナマ共和国と接し、南は太平洋、北はカリブ海に面しています。国土は51,000平方キロメートルと、九州と四国を合わせた程度。

しかし、その土地に地球上の全生物種の5%、8万7,000種もの生物が棲息すると言われ、まさに「生物多様性ホットスポット」。日本に棲息する哺乳類は約130種、鳥類は約500種と言われていますが、コスタリカに棲息する哺乳類は約260種。「世界一美しい幻の鳥」とも称されるケツァールをはじめとする鳥類は約850種とされています。さらに、蘭は世界の1割にあたる1,500種以上が自生し、昆虫も日本の何十倍もの種類が棲息。これらの数字だけでも、いかに多様な自然がある場所かうかがえますね。

コスタリカに多様な生物がいる理由としては、熱帯ゆえにもともと種類が多かったことに加えて、約300万年前に火山の噴火などによって南北アメリカ大陸が地続きになり、双方からの生物が混在したことが挙げられています。また、細長い国土の中央に標高3,000メートルを超える山脈が走るなど地形に多様性があることも、その一因のようです。

こうした世界でも類を見ない貴重な自然を擁するコスタリカは、自然に負担を与えることない「エコツーリズム」発祥の地でもあります。2010年には210万人を超える外国人観光客がコスタリカを訪れました。

目指すは、
自然エネルギーだけの国!

自然エネルギーの利用を積極的に

そんなコスタリカでは、自然エネルギーの利用を積極的に進めています。もともと水力発電の割合が高かったコスタリカでは近年、地球温暖化などの影響による降雨量の変化を考慮して、水力以外の方法による発電へとシフトしようとしていました。

その際に、地球環境に負荷の大きい化石燃料の使用は避けて、地熱、風力、太陽光、バイオマスなどの自然エネルギーの利用を選択したのです。

その取り組みは、2015年に一気に注目を集めることになりました。2015年1月1日から3月半ばまでの75日間、自然エネルギーによる電力供給のみでコスタリカ全体の電力をまかなうことに成功したのです。降雨量が例年より多く、四つの水力発電所の発電量が増えたという幸運もあったとはいえ、このニュースは日本でも報じられ、反響を呼びました。

さらに、水力発電の割合の上昇によって4月以降の電気代が平均12%減少。12月には、コスタリカの電力公社が「2015年1月から10月に生産した電力のうち98.7%が自然エネルギー(12月17日現在では99%)」と発表しました。ひとつの国の電力の9割以上を自然エネルギーでまかなえたことは、人類の歴史においても画期的と言える出来事です。

地熱、風力を活かして火力を削減し、
カーボンニュートラルにも挑戦

costarica160215-02
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会