ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】深夜に高尾山を登りながらインターネット生放送 / 高山病になりながら32000人が視聴で大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京都にある高尾山は、日本一安全な登山ができる初心者向けの山として知られている。誰しも「富士山に登ってみたい」と思うものだが、想像以上に厳しい環境に耐え切れず、ギブアップしてしまう登山者が後を絶たない。そんな危険性が極めて低い高尾山は、多くの人たちに愛される山なのだ。

・片手にパソコンを持ちながら登山
そんな高尾山に深夜から一人で登山した男性が、大きな注目を浴びている。しかも一人で登山し、片手にパソコンを持ちながらインターネット生放送をしながら登山したのである。いくら安全な高尾山とはいえ、深夜に一人で登山をするとは……。

・32000人もの視聴者が見守る
そんなチャレンジをしたのは、インターネットタレントの横山緑(本名: 久保田学)さん。深夜23時30分から高尾山に向かい、翌朝6時までインターネット生放送をしながら高尾山の登山をリポートした。その放送はインターネット生放送システム「ニコニコ生放送」で世界に配信され、なんと、32000人もの視聴者が彼の登山を見守ったのである。

・深夜に登山をする人が多くいる?
高尾山は安全な山とはいえ、深夜は街灯ひとつない真っ暗な闇に包まれている。横山緑さんはベッドライトを頭につけ、懐中電灯を片手に、パソコンを持ちながら登山をした。

・本人「高山病かもしれない」
無事に山頂に到着したようだが、本人が言うには「高山病になってしまった」らしく、動悸が激しくなるシーンもあった。道中、数人の登山者とすれ違ったという。どうやら、高尾山は深夜に登山をする人が多くいるようだ。

・深夜登山の周知に貢献
この件に関して、登山マニアの佐野さんに話を聞いたところ「私も配信を観ましたが、彼は、深夜登山のおもしろさを伝えることに貢献したんじゃないでしょうか?」と語っていた。

【ニコニコ動画】【暗黒放送】高尾山で高山病になるビバーク横山

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/03/06/takaosan-yokoyamamidori/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP