体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

砂にまみれて全身真っ白!モーリタニアの世界一長い列車の話

Photo credit:Masashi Amano「砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った」

Photo credit: Masashi Amano「砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った

こんにちは、Compathy Magazineライターの天野です。
西アフリカのモーリタニアという国をご存知でしょうか。日本とは、タコの国別輸入量で一位という意外な関係もありますが、ほとんどの人には名前すら知られていないのではないかと思います。

しかしこのマイナー国にも、「世界一長い」と言われるものがあります。

それは…、「列車」です。

この国は、ほとんど乾いた砂漠に覆われています。その砂漠の中を沿岸部から内陸にかけて、鉄鉱石を運搬する貨物列車が通っているのです。その長さ、なんと約3キロ。日本にあったとしたら、列車自体が2駅、3駅にまたがるほどの長さというから驚きです。

貨物車に乗るロマンな旅

僕はこれに乗って、沿岸部のヌアディブという街から内陸部へ行くことにしました。一応客車も付いているのですが、貨物車には無料で乗ることができます。

僕は貨物車に乗ることにしました。なんといっても無料ですし、貨物車に乗るなんて体験はなかなかできるものではないからです。注意すべきなのは、吹きさらしの荷台で風の吹きすさぶ砂漠の只中を一晩移動するので、砂まみれになること。しかし、砂漠の星空を見ながら移動できるなんて、ロマンがあると思いませんか? これぞまさにプライスレスな体験です。

そしてこのとき、一人旅の僕には一緒に行動していたメンバーがいました。同じ宿で出会ったアフリカ旅行5回目の50代くらいのポーランド人と、僕と同じ世界一周中の日本人の学生です。3人でタクシーに乗り、駅を目指しました。

駅は砂漠の中の陸の孤島のようにポツンとありました。周りには文字通り、何もありません。定刻になっても列車が来なかったので聞くと、一時間遅れで着くとのこと。モーリタニア時間で考えると、ほぼ定刻通りの運行です。
Photo credit:Masashi Amano「砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った」

Photo credit: Masashi Amano「砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った

そして列車が到着。列車は最後尾が見えないほどで、確かに長い。待っていた人々が一斉に動き出し、次々と乗り込むのを見て、僕達も続いて乗り込みます。貨物車は人が乗る用にはできていないので、乗り込むのも一苦労。同じ車両には、子供連れの現地人の夫婦がいたので、お互いに荷物を載せるのを助けあって乗りました。一緒にいたポーランド人は客車に乗るので、ここで一旦お別れです。

砂と、衝撃音と、寒さと

Photo credit:Masashi Amano「砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った」

Photo credit: Masashi Amano「砂漠の国モーリタニアで、世界最長の列車に乗った

ようやく列車が動きだしたのですが、車両と車両の衝突音がものすごいことに気づきました。3キロに及ぶ車両が、前から後ろに衝撃を伝えていくのです。なにか近くで爆発したのかと思うくらい、本当にものすごい音がします。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。