ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がすごい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、『イギリス人デザイナーが手がける、料理をのせるだけで「かわいく」見えるお皿』という記事でも紹介した、Duncan Shotton Design Studio。日本の「kawaii文化」の影響も受けているという彼が作ったのが、削ると虹が出てくる「rainbow pencils」。

削ると
見事なアーチ状に・・・

芯の部分がレインボーになっている鉛筆なら「子どもの頃、使ってた!」という人も多いかもしれません。でも見てください。このレインボー鉛筆は、なんと周りの木の部分が虹になっていて、削ることによってキレイな虹が出てくる、という仕掛けになっているんです。

再生紙を使って
環境にも配慮!


見た目の可愛さやインパクトに目が行きがちですが、実はすべて再生紙から作られているという点も見逃せません。7色(6色+外側は白か黒)の再生紙を重ねて巻いています。普段は片付けるのも億劫になりがちな削りカスですが、この鉛筆なら愛着すら湧いてきますね!

デザイナーのダンカン・ショットンさんのInstagramを覗くと、さらに遊び心が溢れる写真がたくさん並んでいます。ちなみに、3本パックで850円。日本語のショッピングページもあるので、家族や友達へのプレゼントにいかが?

Happy Friday Everyone! . #RainbowPencils

Duncan Shotton Design Studioさん(@_dshott)が投稿した写真 – 2015 11月 26 10:51午後 PST

Licensed material used with permission by Duncan Shotton Design Studio

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
フランス人「イケメン消防士」たちのチャリティカレンダーが話題に
結婚する息子へ贈った、父からの「最後のお願い」が深い・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP