ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

綾瀬はるか 松坂桃李と破局で次なる恋に邁進か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月4日発売の『女性セブン』が綾瀬はるか(30)と俳優・松坂桃李(27)の破局をスクープした。2014年公開の映画『万能鑑定士Q─モナ・リザの瞳─』での共演をきっかけに交際をスタートさせた綾瀬と松坂。昨年春には松坂が綾瀬のマンションに通う姿がキャッチされたり、広島で暮らす綾瀬の父親が「もうホントに年じゃけえねえ。親としては、早く結婚してもらいたい」と語ったりするなど、順調に交際を進めていた。

 昨年末には「入籍間近」といった声が聞こえてくるようになり結婚は時間の問題と思われていたカップルに一体何があったのだろうか。

〈30歳になって初めて思ったのは、『20代に結婚しておけばよかった!』ということでした(笑)〉(『BAILA』2015年7月号)

 綾瀬自身がこう語っているように、30歳を迎えてからの綾瀬は結婚に意欲的だった。特に親友の結婚が拍車をかけたと綾瀬の知人はいう。

「福山雅治さん(47)と結婚した吹石一恵さん(33)とは、映画『ひみつのアッコちゃん』(2012年)で共演して以来、意気投合して大の仲良しなんです。そんな無二の親友から新婚生活についての話を聞くようになり、一気に結婚熱が高まったようです」

 また彼女には自分で決めた“結婚タイムリミット”があった。

「結婚がスポーツ紙などで報じられるときに、自分の年齢が『31歳』と書かれることをものすごく嫌がっていた。だから、“遅くとも30歳のうちに”という気持ちだったようです」(同前)

 しかし、綾瀬の思いは年下のカレには届かなかった。

「まだ20代の松坂くんは“とにかく今は仕事がしたい”という思いが強い。また最近は20代前半の若手人気俳優が続々出てきていますから、危機感もあるみたいです。余計に仕事に集中したいんでしょうね。事務所とも“30歳までは絶対に結婚しない”と約束していたようですし……。最近は周囲に綾瀬さんのことを“重い”とか“一緒にいると疲れる”と愚痴をこぼしていました」(松坂の知人)

 結局、結婚に二の足を踏む松坂に綾瀬が別れを告げたようだ。綾瀬の誕生日は3月24日。その“タイムリミット”を迎える前の破局となってしまった。

 世の綾瀬好きのお父さんたちは安堵したことだろうが、どうやらすでに綾瀬は次なる恋に邁進しているようだ。ワイドショーの芸能デスクが語る。

「綾瀬さんは親しいスタッフに“新しい恋人ができた”と報告しているようです。彼女は共演者キラーですから、今度も人気俳優かもしれませんよ」

 最近、綾瀬が共演したイケメン俳優といえば、『わたしを離さないで』(TBS系)の三浦春馬(25)や『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)の福士蒼汰(22)が思い浮かぶ。またお父さんたちの悲鳴が聞こえてきそうです……。

※週刊ポスト2016年3月18日号

【関連記事】
綾瀬はるか&松坂桃李 結婚めぐり関係者が語る
綾瀬はるかの父 娘と松坂桃李の交際について「見守ってる」
綾瀬はるか 実家の母が交際否定も父は「早く結婚してくれ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP