ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阿部寛 極限の撮影振り返り「岡田准一と尾野真千子は屈強」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)』(3月12日公開)で、世界最高峰の頂を目指す登山家・羽生を演じ、極限の撮影に臨んだ阿部寛(51才)。標高5200m、氷点下50度、断崖絶壁での迫真の演技秘話を聞いた。

 撮影地点までの移動の時間など、羽生を追う写真家・深町役の岡田准一(35才)は、役作りもあって、阿部にカメラを向け続けた。その写真は、阿部を超えて、羽生そのものになっており、感心したという。

 羽生を慕い、深町とともに山に挑む涼子役を演じた尾野真千子(34才)もエヴェレストでの撮影に参加している。

「岡田くんはストーリー性のあるかっこいい写真を撮るんですよ。しかし、岡田くんも尾野さんも屈強でしたね(笑い)。体力面での心配もなかったし、トイレがなくても不平不満もなかったし。そういう意味では楽しい仕事でしたよ」(阿部・以下「」内同)

――映画には、山を通して結ばれる友情とか愛とか、そういう心も感じられましたね。

「山と、そしてそこを目指すお互いへの尊敬の気持ちというのか、侍の世界の美学に通ずるような精神性というか、チーム力というか、そういうものも表現したいと思っていたんです。実際に約60人の撮影陣が誰ひとり脱落することなく、撮影を終えられたんで」

 撮影隊がベースキャンプとした5000mの高さには、近くにアメリカの登山隊がキャンプを設営していた。そこに、3~4時間かけて訪問したと、阿部はさらりと語る。同じ標高地点に片やプロの登山家が滞在していた光景を思うと、もはやフィクションの域を超えているではないか。あらためて映画人(活動屋)の熱い思いに敬服しきりだ。

――演じた羽生への思い入れや役づくりで心がけたことはありますか?

「映画の主役は山じゃないかと思ったんで、細かいことは考えないほうがいいと思いましたね。日本を捨て、家族を捨ててまで、エヴェレストに賭けた男なんですね、彼は。そのとてつもない情熱、むき出しの思いだけでいいんじゃないかと。実際にそのほかのことは考えられなかったし」

――情熱…ですか。久しぶりにその言葉、聞きました。

「そうですね。今って、情熱の強さを表に出しにくい世の中だと思うんですね。だからこそ、逆に羽生の情熱の強さに感動するんだと思う。羽生のあきらめない精神に、その後ろ姿に“熱すぎるな”でも“すごいな”でもいい、何かを感じてもらえればいいなと…」

――身近に羽生のような人がいたら、私はきっと好きになると思います。でも、彼は私なんて…。

「羽生に見つめられたら、“それだけで妊娠します”と言った登山家(男)がいるけど、その気持ちわかりますか(笑い)」

――ええっ!?(と、大きな目で見つめられて、タジタジの私に…)

「そのくらい見つめるものはひとつ、シンプルに、迷わず突き進んでいく人間、羽生を、この年齢でやれたことは、自分の力になれたと思います」

取材・文■活動屋映子 撮影■矢口和也

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
エヴェレストで撮影の阿部寛 4500m超え命の危険感じる
若き日の阿部寛 大滝秀治の楽しそうな芝居に影響受けた
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP