ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「柿の種」発売50周年を迎えても意外と謎が多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 亀田製菓株式会社(本社・新潟市)の主力商品「柿の種」が、「ピーナッツを入れて販売して今年で50周年」というキャンペーンを展開している。取材してみると、お菓子から離れて日本経済の往時を偲ばせる切なさがあった。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
「柿の種」は恐らく日本人なら誰しも一度は口にしたことがあるお菓子だろう。昨年の売り上げは200億円を超えるという。それだけにその販売が今年で50周年というのは、「もうそんなに」とも「まだそれだけ」という感慨がある。とはいえちょっと引っかかるのは、「ピーナッツを入れて」という注釈がつくところだ。

「ピーナッツ入り」から周年記念を起算している理由ついて同社広報にたずねると、その理由はいつから「柿の種」そのものを生産しているのか、はっきりした年代がわからないからだという。そもそも「柿の種」はお米を利用した地元特産のお菓子として親しまれ、その創案は同じ新潟県内にある浪花屋製菓であるという。

「当社は『柿の種』に関しては後発メーカーなんです。ただ現在の形であるピーナッツを入れて全国展開したのは当社が初めてなので、そこから数えて今年50周年ということになりました」(同社広報部)

 では「柿の種」にピーナッツを入れるというアイデアはどこから生まれたかというと、実はこれもよくわからないらしい。

「東京の帝国ホテルさんが、外国人のお客さん向けに『柿の種』とピーナッツを出していたという説もあれば、『柿の種』の湿気を取るためにピーナッツを入れ始めた、という説もあります」(同前)

 意外と謎の多いお菓子なのである。

「柿の種」とピーナッツの配合も時代で変わっている。当初は重量比で「柿の種」が7、ピーナッツが3だった。

「でもお客さんからもっとピーナツが食べたいという要望があり、5:5の比率にしたんです。そしたら売り上げが落ちたんですね(笑)それで今は中をとって6:4の比率になっています」(同前)

 さらに今年1月からは製品をリニューアルして、ピーナッツを従来より高温で短時間で揚げる製法で、カリッとした食感とこくをだしている。また50周年記念商品として、タイ発祥の辛口チリソースの「シラチャーソース」味の「柿の種」の発売も始めた。

 実はここ数年、ポピュラーなお菓子の「周年記念」が続いている。亀田製菓の商品でも「柿の種」だけでなく、もうひとつの主力商品である「ハッピーターン」も今年発売40周年ということで、4月以降にキャンペーンが用意されている。

 また他社でも、カルビー株式会社の「かっぱえびせん」が2014年に発売50周年だったし、「ポテトチップス うすしお味」が去年、発売40周年だった。また日清シスコ株式会社の「ココナッツサブレ」も去年、50周年を迎えていた。

 1960年代半ばから1970年代半ばまで、お馴染みのお菓子の多くが発売されているのだ。この年代を見て、ピンと来ないだろうか。高度経済成長期である。右肩上がりの経済を背景に、ほっとひと息ついて生活にゆとりが見え始めたころ、人々は家の中で頬張るお菓子という「愉しみ」を求めたのだろうか。

 亀田製菓は現在、世界四か国に子会社・関連会社を6つもつ。そのうちのひとつ、2013年に再上陸を果たしたベトナムでは、歌舞伎揚げに似たお菓子が「もんのすごおおく売れてます」(同社広報部)。ベトナムの人口は9000万人超で国民の平均年齢は29歳、経済成長率は7%近い。まだ規模は小さいが勢いのある経済成長を遂げている国は、やはりお菓子を求めているのだ。

 代表的なエレクトロニクス・メーカーが台湾企業の傘下に入ろうとする斜陽の今の日本において、「柿の種」は往時を忍ばせる「遺産」でもある。ピリ辛あとに舌に残るのは切なさか。

【関連記事】
ネットでは独自レシピも多数公開 新スイーツ「クロナッツ」
五木寛之氏も絶賛 北陸のカレーうどんの行列ができる店
暴君ハバネロ、チロル…定番お菓子にハロウィンバージョン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP