ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既読スルーに悩む女子大生 文字不要なアプリ選択で問題解決

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スマホにおけるLINEでのやりとりが一般的になるのに伴い、「既読スルー」「既読無視」といった言葉が広まった。これは、メッセージを読んだことを意味する「既読」マークが付いているにもかかわらず、返事をしない相手の振る舞いのことを指す。

 とくに若者世代では、この「既読スルー」問題がカップルや友人間でのケンカの原因にもなるのだという。そのため、若者の間では相手に「既読スルー」をしたという印象を与えないために、「未読」のままスルーをする「未読スルー」といった言葉も使われている。

 女子大生のAさん(22歳)も、「既読スルー」問題に悩まされてきた1人だ。

「私の周りの女子でも、『彼氏がLINEの返事をくれない、そろそろ別れるかも』なんていう話をしている子がいます。女が思っているより、男の人って文字を打って返事をするのが面倒くさいんだと思います。正直、私も女だけどLINEが面倒くさくてしょうがない。

 だから最近は、言葉を使わなくてもやりとりできる『Heart is in』というアプリを使っています。これは、画面に表示されているハートを押すだけ。相手はハートを受け取ったら、またハートボタンを押して送りかえす。これなら、別に会話しなくてもコミュニケーションがとれるので便利です」(Aさん)

 同じく「既読スルー」問題に悩まされてきた別の女子大生Bさん(21歳)が使っているのは、『Between』というカップル専用アプリだ。

「もちろん『Heart is in』も知っていますが、私たちのカップルには合っていませんでした。内容がないのに、ハートを送るのが逆に意味不明で(笑い)。『既読スルー』が気になるカップルなら、『Between』というアプリがいいんじゃないでしょうか。『未読』の場合は、すごく小さなハートがついて、『既読』の場合はそのハートが消えるんです。見た目の問題だけかもしれませんが、『既読スルー』はLINEと別のアプリにすればあまり気にならなくなりますよ」(Bさん)

「既読スルー」問題を解決するべく、若い世代の間では様々な工夫がなされているようだ。

【関連記事】
LINEの既読スルーと未読スルー 使い分けることで相手に配慮
ママ友LINE事情 大企業夫持つ美人ママには即レスの傾向あり
スマホ裏単語 知らなくても時代遅れではないと専門家が指摘

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP