ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紛争ではなく静寂が…“国境のあるべき姿”を映した写真シリーズが感動的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

移民問題が深刻化しているヨーロッパの国々に、優しさと希望をもたらす“ある写真シリーズ”が話題になっています。

オランダを拠点に活動しているフォトグラファー、ヴァレリオ・ヴィンツォ氏が撮影した「Borderline, the Frontiers of Peace(ボーダーライン~フロンティア・オブ・ピース)」は、国境で見つけた平和な風景を切り取った感動作。

26のヨーロッパ諸国に存在する1万6000km以上の国境線のなかには、人々の争いなど存在しないこんな場所もあるのだと、見る人に伝えてくれます。

世界で最も美しい場所

冒頭の写真は「フランス・ドイツ」そして「イタリア・オーストリア」の国境。

ここには境界線など存在しないかのように、幸せが満ち溢れています。

これぞ平和の象徴

なかには、見た瞬間笑顔がこぼれる微笑ましいシーンや、家族の姿も…

フランス・ベルギー

ベルギー・オランダ

ポーランド・スロバキア

リトアニア・ラトビア

ラトビア・エストニア

オランダ・ドイツ・ベルギー

ヴィンツォ氏のオフィシャルサイトには、ほかにもたくさんの感動的な“国境シリーズ”が掲載されています。

作品を見て何かを感じたら、ぜひお友達にもシェアして。

Valerio Vincenzo
http://www.valeriovincenzo.com/Borderline-Frontiers-of-Peace

写真(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP