ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

祝!3/26開業★北海道新幹線で巡る、おすすめ観光スポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

将来的には新青森駅~札幌駅の全区間約360キロに及ぶ北海道新幹線ですが、まずはそれに先立ち、函館北斗駅までの約148kmが一部開通しました。これによって、何と東京駅から乗り換えをせずに一気に北海道まで行けることになりました。

以下では、その沿線で行われる注目のイベントや地元の新鮮な海鮮を中心とした美味しいものをたっぷりとご紹介します。

北海道新幹線って?

本州から北の大地へと津軽海峡を越えて一直線でスイッと到着★

新型車両H5系はラベンダーの帯がポイント 写真提供/JR北海道

将来的には新青森駅〜札幌駅の約360㎞区間を結ぶ北海道新幹線。全線開業に先立ち今回はその一部、 新青森駅〜新函館北斗駅の約148㎞区間が開業します。東北新幹線との直通運転も開始され、東京駅から北海道まで乗り換えせず新幹線で行けるように!快適な旅を支える新型車両が導入され、新しい新幹線駅も3駅誕生するなど注目ポイントいっぱいです★

気になる車両は?

グランクラス

新型車両H5系の社内は豊かな自然を表現 写真提供/JR北海道

10両編成のH5系車両のうち1両がグランクラス。湖沼や海をイメージした青いカーペットが敷かれ、リクライニングシートに読書灯や収納式テーブルをセットしています。

グリーン車

なんだかおいしそうな色?! 写真提供/JR北海道

クリーム色の壁は北海道の乳製品がモチーフだとか。大型ヘッドレストには読書灯も備わっています。

普通車

通路の床は雪の結晶柄 写真提供/JR北海道

普通車も全席電源が用意されていて、PC作業も快適です。前の座席までは1040㎜で、ゆとりのある空間となっています。

【新函館北斗駅】

★北斗おもてなし祭

★Welcome! Hokkaido VILLAGE

うまいもんを大盤振る舞い。

道南や全道各地の特産品をふんだんに味わえる

3/26(土)~3/31(木):2つのイベントを同時開催

駅西側公園で北斗市や道南、全道のグルメ約30店舗が集結するおもてなしイベントを開催。時間限定で無料振る舞いも実施。各日10時~16時まで開催しています。 北斗おもてなし祭/Welcome! Hokkaido VILLAGE

TEL/0138-46-5050(ノヴェロ函館支社)

「北斗おもてなし祭/Welcome! Hokkaido VILLAGE」の詳細はこちら

【新函館北斗駅】ほっとマルシェおがーる

道南土産が一挙に買える♪

北斗市特産トマトたっぷり。

「とまと小龍包」は冷凍品6個864円

斬新!ご当地キャラ形の昆布

「ずーしーdeこんぶ」540円

北斗市をはじめ道南の特産品を販売するアンテナショップです。観光案内所も併設されるので、観光のスタートに立ち寄ってみるのも良いかもしれません。 ほっとマルシェおがーる

TEL/0138-74-3566(北斗市観光協会)

営業時間/9時~19時

【新函館北斗駅】BENTO CAFE 41°GARDEN

駅弁の名店がプロデュース。

ウニ山盛りの「大玉ほたてと大漁ウニ弁当」1780円は開業記念の新作

※デザインは変更の可能性あり

約10種類の駅弁と、組み合わせが選べる弁当、総菜や北海道野菜スープなどをご用意しています。イートインもできるので、ちょっとした腹ごしらえにもいいですね♪ BENTO CAFE 41°GARDEN

TEL/090-8788-7152(開業前の連絡先。開業後は未定)

営業時間/9時~19時

【新青森駅】青函パイ

青森と函館が仲よく共演したスイーツ。

青森~函館を結ぶ北海道新幹線の記念に◎

青函パイ(はとや製菓)1080円

丸形は林檎入りカスタードパイ、星形は林檎入りクリームチーズパイで、2つの味が楽しめます。お土産にもいいですね★ 青函パイ

TEL/017-752-6557(代)(あおもり旬味館)

【新青森駅】帆立釜めし

約半世紀愛される名物駅弁は必食。

1968年に誕生したロングセラー。

帆立釜めし 1000円

甘みのある陸奥湾産のホタテがたっぷりのった、青森駅で人気の駅弁が新青森駅でも購入OK。 帆立釜めし

TEL/017-723-1894(ウェルネス伯養軒青森支店)

【函館エリア】函館朝市

約250店舗がひしめく食の宝庫。

函館駅より徒歩1分ほどの好立地

海産物から雑貨まで様々な店が並び、飲食店もずらり。特に「函館朝市漁り火がごめ丼」は注目!開店は朝6時頃なので、早起きして行きましょう。 函館朝市

TEL/0120-858-313(函館朝市協同組合連合会事務局)

「函館朝市」の詳細はこちら

【函館エリア】第25回 函館西武地区バル街

個性的な店を食べ&飲み歩き。

春の注目イベント4/22(金)

約70店舗が参加予定

5枚3500円(当日4000円)のチケットを購入し、参加店へ行くと1枚で飲み物&ピンチョス1セットが味わえる。 第25回 函館西武地区バル街

TEL/0138-56-1570(レストランバスク内実行委員会)

「第25回 函館西武地区バル街」の詳細はこちら

【青森エリア】青森魚菜センター

好きな具でオリジナル丼を。

具材用に少量の刺身や揚げ物が各店に

まず丼ごはんを買い、店舗をまわって具材をのっけて自分好みの丼を作る「のっけ丼」が名物です。市場の休憩所でご賞味あれ! 青森魚菜センター

TEL/017-763-0085(のっけ丼案内所)

「青森魚菜センター」の詳細はこちら

【青森エリア】八甲田 雪の回廊と温泉 ウォーク

雪の回廊を抜けて温泉へ。

アスパムなどからバスで出発

八甲田・十和田ゴールドラインの高さ9mに及ぶ雪の回廊を8km歩いた後は温泉入浴で冷えた身体を温めましょう。3/18受付締切で、参加費は5000円となっています。 八甲田 雪の回廊と温泉 ウォーク

TEL/017-723-7211(青森観光コンベンション協会)

「八甲田 雪の回廊と温泉 ウォーク」の詳細はこちら

まとめ

話題性も抜群の北海道新幹線、是非誰よりも先に出かけ、自慢しちゃいましょう!

※この記事は2016年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

デートにも使える!都内から1時間半で行ける箱根ドライブの王道ルート!
【東北】グルメやお花や花火まで!3月のおススメイベント15選
味噌かつ、手羽先だけじゃない!名店喫茶で味わう通の名古屋めし

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP