体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

素晴らしきカナダ文化を堪能できる「カナダ歴史博物館」への誘い

Totem-poles

カナダ歴史博物館

カナダ歴史博物館に入って私が最初に目にしたのは、カナダ西海岸からきた巨大なトーテムポールでした。素晴らしい鳥や動物の彫刻が彫られています。私は思わず、かつて扉として使われていた巨大なカラスのくちばしを通り抜けることを想像しました。カラスの口から建物に入ることで、崇高な鳥の力を得ることができると、原住民の人たちは考えていたのです。

この扉はもう使われていませんが、トーテムポールは大広間に堂々とそびえ立ち、「変容への扉」として人々が行き交う博物館に存在しています。その反対側にある床から天井まで全面張りの窓が、川向かいの国会議事堂を見事に映し、それは最も「カナダらしい」光景と、言えるかもしれません。

CMH-ext-11-600x300_c

カナダの地理を元にデザインされた博物館

カナダ歴史博物館で最も印象的なのが、その立地とデザインです。カナダ先住民族メティとブラックフットの血を引く建築家ダグラス・カーディナルが1989年にデザインしたこのユニークな建物は、氷河の後退を彷彿とさせる曲線とともに、カナダの地理を表現しています。

カナダ歴史博物館は、カナダで最もドラマチックな建造物の一つです。川に面しているクリーム色の石灰石の壁が、パーラメント・ヒルと、カナダ国会議事堂、フェアモント・シャトー・ローリエ・ホテル、そしてカナダ国立美術館など、カナダで最も豪奢な建築物の数々が立ち並ぶ高台を映し出しています。

カナダ歴史博物館はオタワ川とケベックの海岸線を背景にした、カナダで最もパワフルな建物です。この目の前に広がる景観だけで入場料の元が取れたような気になってしまいます。実際は、カナダの首都オタワの中心地から少し離れただけなのですが、この景観によってカナダという広大な国の大きさを実感することができます。

オタワ川とリドー運河が合流する地にあり、まるで絵画のような美しさを持つ小さな都市オタワには、たくさんの美しい建物や公園、芸術作品や景色、景観があります。その中でもカナダ歴史博物館は、この街で訪れることができる最も特別な観光スポットの一つです。5月のチューリップフェスティバルの期間に訪れれば、あなたのカナダ旅行に彩りが加えられ、さらに楽しむことができます。

Compfight-1

「カナダの全て」を発見できる魅力的な方法

カナダ歴史博物館は、カナダの過去と現在両方のパワーを芸術的に見事統合していることから、カナダの最も素晴らしい旅行先の一つに選ばれています。博物館にはカナダの歴史を探り、表現した膨大な数のアート作品や工芸品が展示されていて、それは過去だけでなく現在も同時に反映しています。この博物館は、昔ながらのほこりをかぶったような博物館とは一線を画しています。楽しみながら学ぶことができ、「カナダの全て」に浸ることができるので、外国人旅行者は絶対に訪れるべき場所なのです。

ツアーは大広間から始まります。ここはカナダの荒野がモチーフとなっていて、床の大理石も潮の満ち引きを反映するデザインになっています。ここであの素晴らしい芸術作品、トーテムポールにご対面です。

Rieljacket-235x300

ファーストネーションズホールでは、カナダで最も有名なフリーダムファイター、ルイ・リエルが着ていたバックスキンコートをはじめとする、目を見張る展示物を見学できます。リエルはカナダの伝説的人物です。彼は先住民族メティのリーダーで、マニトバ州の設立者であると考えられており、英国の植民地主義に抵抗しました。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。