ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OCN固定回線に速度制限で不満も

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NTTコミュニケーションズは、運営するインターネット接続サービス「OCN」において、6月1日から大容量の通信を行う一部の利用者に対して通信速度を制限する取り組みを始めると発表した。モバイル通信では、一定のデータ量を超えた場合に、通信速度が制限されることは一般的だが、固定インターネット接続サービスでの速度制限は異例だということで、ネット上では様々な意見が寄せられている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

NTTコミュニケーションズによると、OCNの通信設備の増設を進めているが、利用者の増加、利用頻度の増加にくわえ、動画などのデータ量が多いコンテンツが増えていることもあり、利用が集中した結果、通信速度が低下してしまうこともあったという。そこで、混雑時の速度低下を防ぐため、一部の利用者に対し速度制限を行うとのことだ。

速度制限は、混雑が発生した時のみに実施。OCNの公式サイトによると、制限の対象となりうるのは「その時点において他のお客さまと比べて極めて利用量が多いために帯域を占有している回線」。また、「一般的な動画視聴やゲーム等での利用や大容量データの送受信を制限するものでもありません」とのことで、あくまでも「極めて利用量が多い」回線のみの速度制限で、多くの一般ユーザーにとっては通信速度の安定化が期待できる。

とはいうものの、家庭などに引かれているインターネットの固定回線では、データ量など気にせずに使っていたユーザーが多いのは事実。ツイッターでは、

「うち固定回線もOCNなんだが???? 速度制限やるなら回線契約先変えようかしら」
「これほんま…乗り換え検討しないと」
「仕方ない面はあるけどこういうのってだいたい制限されると極端なのがなぁ」

などの意見が寄せられており、OCNから別の接続サービスへの乗り換えを検討するユーザーも多かった。また、

「すぐに他社も追随するんだろうなぁ」
「他の企業も導入されたら困る」

と、ほかの接続サービスでも同様の速度制限が実施されるのではないかと心配する意見のほか、「他のプロバイダーも密かに回線絞ってそう・・」とすでにどこかの接続サービスがユーザーに黙って速度を制限しているのではないかと疑う声もあった。

いまやネットで動画コンテンツを視聴するのは当たり前となり、さらには高画質化もどんどん進んでいるとなれば、今後もデータ通信量はどんどん増加していくはず。そう考えると、回線の混雑解消はOCNだけでなく、すべての接続サービスにおける大問題となるだろう。もしかしたら、固定回線での速度制限が当たり前となる時が近づいているのかもしれない。
(奈波くるみ)
(R25編集部)

OCN固定回線に速度制限で不満もはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

通信制限を防ぐ!賢いスマホ利用5カ条
「通信速度制限」約半数が経験アリ
音楽DVDをスマホで観れるサービス登場
みんなの“スマホ不満度”全国一斉調査
iOSの広告ブロック機能に期待と不安

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP