ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【フランス人直伝レシピ】玉ねぎの甘みがおいしい、オニオングラタンスープ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒い冬、フランスではオニオングラタンスープがよく食べられます。熱々の甘いオニオンスープにパンとチーズがのっているこのスープは、冷えた身体を優しく温めてくれます。レストランで食べるオニオングラタンスープも美味しいのですが、家庭で作るものは格別。フランス人から教わったオニオンスープのレシピをお教えしたいと思います。

材料(2人分)
玉ねぎ1キロ
フランスパン
チーズ
水500ml
小麦粉小さじ1

バター
塩こしょう少々

作り方
1 玉ねぎを切り、油で焦げないように弱火で炒めます。最低1時間以上炒めること。玉ねぎがあめ玉色になってくるまで炒めます。バターを少し加えます。
2 炒めた玉ねぎに小麦粉を入れ、10分ほど炒めます。
3 水を入れ、15分ほど煮込みます。塩こしょうで味をととのえます。
4 煮込んだ玉ねぎとスープを分けます。
5 耐熱スープ皿にまず薄く切ったパンとチーズをいれます。その上に玉ねぎのスープを入れます。またその上にパンとチーズをのせます。
6 オーブンかオーブントースターでチーズがとろけるまで焼きます。


(C) Nanako Kitagawa


(C) Nanako Kitagawa

美味しさの決めては玉ねぎ

レシピを教えてくれたのは、フランス人の料理上手な92歳のおばあさん。最近のオニオングラタンスープには玉ねぎの量が足りないのだとか。とにかく玉ねぎをたっぷり入れることで甘みが増したスープになると教えてもらいました。

もうすぐ市場に出回る新玉ねぎを使ってオニオングラタンスープを作ってみるのもいいかもしれません。甘みがしっかりと感じられるグラタンスープになると思います。

オニオングラタンスープはフランスの冬の家庭料理。甘みが胃に優しくほっとする味です。玉ねぎを炒めるのに時間はかかりますが、びっくりするほど簡単にできます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

[Photos by Shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP