ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水槽管理をグッと楽にするお役立ちツール「Fishbit」で、楽しいアクアリウム生活を送ろう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水槽の中をゆったり泳ぐ魚の姿は、心を落ち着けてくれるものだが、意外と水槽のお手入れや管理は大変だったりもする。

そんな悩める人たちの手助けになってくれそうなのが、「Fishbit」というアクアリウム用ツール。

水槽の水質をリアルタイムでモニターし、必要に応じてアラートを送ってくれたり、スマートフォンからリモートで設定を調節したりできる。

・“モニター”と“コントローラー”、2つのデバイスで構成

「Fishbit」は“モニター”“コントローラー”の2つのデバイスを併用するもので、家庭のWiFiネットワークを通じて、スマートフォンと連動する。おかげで、外出先や遠方からでも水槽のコントロールが可能なのだ。

“モニター”のほうはマグネットホールド式になっていて、水槽のガラスに簡単に取り付けられる。

こちらは健全な水槽環境を保つのに重要な水質パラメータである、水温・pH・塩度・水位を常時モニター。

水温はカ氏0.1度単位で、pHは0.05単位で、塩度は0.001比重単位で正確に測定する。

“コントローラー”のほうは、8つのコンセントが付いた電源タップになっていて、1つのコンセントは最大10アンペア、1000ワットまで対応できる。万一、一時的に15アンペアを感知した場合には、ブレーカーが作動するようになっているので安心だ。

LEDインジケーターが点灯し、作動中のコンセントを教えてくれる。電流センサーが内蔵されているおかげで、電力消費状況を把握できるのも便利。

この“コントローラー”によって、ヒーターやポンプなどの設定・コントロールをしたり、水槽関連の装置をまとめて管理できる。

・専用アプリからリモートコントロール

また、「Fishbit」の専用アプリも用意されている。スマートフォンやタブレットから、水槽の状況をリアルタイムでチェックしたり、装置のスイッチのオンオフを切り替えたり、何か異常が検知されたときにはアラートが送られてきて、ユーザーにいち早く知らせてくれる。WiFiを通じてリモートでコントロールできるのはありがたいところ。

温度計やらたくさんの器具をセットして、日々データを自ら計測するのは、積み重ねになると大変な労力。

それを大幅にカットして、水槽自体を楽しむ方に時間を割けるようになるわけだ。

・Kickstarterで出資募集中

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで3月26日まで出資を募集している「Fishbit」。値段は1個195ドル(約2万2000円)。

他にも、拡張機能が付いた「Fishbit Monitor+」(塩度をモニター可能)、「Fishbit Controller+」(照明機能付き)も用意されているので、お好みで選択可能だ。ぜひ、楽しいアクアリウム生活を送っていただきたい。

Fishbit

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP