ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワイン上級者は知っている。甘口ワイン×料理のこなれた組み合わせ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「甘口のワインは料理とは合わない」「甘口はデザートワイン、食事とは切り離して楽しむべき」。年季の入ったワイン好きほど、いまだにそう思い込んでいる人は多いもの。けれどもワイン文化がますます成熟し、料理のグローバル化が進んだ昨今では、甘口・極甘口ワインと料理のマリアージュが見直されてきています。

実はタイ料理と相性がいい!

「甘い・辛い・酸っぱい」が基本のタイ料理は、実は甘口ワインと相性がいいことで有名。唐辛子をたっぷり使った辛いタイ料理には、甘みの強い白ワインやロゼがおすすめ。もとから甘みを持つ料理なので甘口ワインとすんなり馴染むのはもちろん、ブドウの優しい甘みが辛さでヒリヒリする舌をマイルドに鎮めてくれます。

スパイシーな鶏料理・貝類とも◎

実はパンチのある料理を味わいを引き立ててくれる甘口ワイン。鶏肉や魚介類にスパイシーな味付けをしたメインディッシュともよく合います。甘口よりさらに甘い極甘口ワインはブルーチーズと相性抜群。ワインの甘さがブルーチーズ特有のピリッとした刺激を和らげ、より丸みのある味わいにしてくれます。また、牡蠣やつぶ貝とあわせても、独特の風味を添えてくれます。

力強い肉料理と天然甘口ワイン

極甘口ワインよりもさらにアルコール度数が高いのが天然甘口ワイン。とくに赤の場合はとても濃厚な甘みが特徴で、力強い肉料理とよく合います。独特のコクのある甘みは、羊や仔羊、ラムや鴨、ジビエなどクセのある肉料理とあわせると、なんとも言えないパワフルな調和を生み出してくれます。

定番のマリアージュに飽きたら、ぜひ甘口ワインと料理の組み合わせを試してみては? 「甘いワインは食事に合わない」という先入観から解放されて、意外な相性のよさに驚くかもしれません!

参考文献:『ワインは楽しい!絵で読むワイン教本』 オフェリー・ネマン パイ インターナショナル

おすすめのレシピ

ハムでお手軽!タイの「ヤムウンセン」のレシピ | 料理サプリ

アヒルいらず!なんちゃって北京ダックのレシピ | 料理サプリ

ブルーチーズ 柚子こしょうとはちみつがけのレシピ | 料理サプリ

牡蠣とほうれん草の白ワイン煮のレシピ | 料理サプリ

仔羊のペルシヤードのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

オレンジフレイバーじゃない、紅茶の「オレンジペコー」って何のこと?
関東と関西で姿が変わる!? 「きつね」と「たぬき」
握り寿司が2つでワンセットになったわけ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP