ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10億ドル以上のスーパーリッチ 大中華圏が米抜き最多

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国の民間調査機関、胡潤研究院は「世界富豪ランキング」を発表し、10億ドル以上の資産を所有するスーパーリッチが最も多く住んでいる国・地域は、中国大陸や香港、台湾を合わせた「大中華圏」で568人と、統計をとって以来、初めて米国の535人を上回った。日本は42人で10位だった。

 また、富豪が最も多く住む都市も中国の首都・北京で、米ニューヨークを抜いてトップに躍り出た。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 胡潤研究院は1999年、英国人会計士のルパート・フーゲワーフ氏が設立し、本部を上海に置いている。同年、同氏の独自調査で中国大陸の長者番付を作成し、米経済誌「フォーブス」(英語版)に投稿したところ、掲載されたことから、その後も毎年中国人の富豪ランキングを発表。2004年から世界各国の富豪を加えた。

 香港からは60人、台湾は34人だった。3位はインドの111人で、ドイツと英国がそれぞれ82人で4位。全体の4分の1以上を中国人ビリオネアが占めている。今年のランキングで際立ったのが中国人の躍進。昨年、99人が新たに「10億ドルクラブ」に名を連ねたが、このうち90人が中国人だった。

 世界最大の富豪はマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏で資産は約800億ドル。次に資産が約680億ドルのバークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット会長、同約640億ドルとスペインのアパレルメーカー「ザラ」創業者のアマンシオ・オルテガ氏が続いた。

 中華圏最大の富豪は王健林・大連万達集団(ワンダ・グループ)会長で、総資産は約260億ドル。王会長は2月27日、仏小売大手オーシャンと共同で33億ドルを出資して、パリ郊外に大型複合施設を建設すると発表し話題になった。これは、中国企業が同国で手掛ける最大規模の建設事業となる。王会長の世界ランクは21位。

 昨年まで中国系富豪ではナンバー1だった李嘉誠・長江グループ会長は世界同時株安などの影響もあり、総資産が前年比約22%減で、世界23位だった。香港の不動産デベロッパー、李兆基・恒基兆業グループ会長は27位、馬雲・アリババグループ会長は36位など上位100人のうち、中国系富豪は8人が入った。

 都市別では、北京、ニューヨークに次いで、モスクワが66人で3位、4位は50人の上海とロンドンが入った。東京は26人で15位だった。

【関連記事】
香港の女性富豪 資産3000万ドル以上833人で世界一との調査
王健林・大連万達集団会長 資産4.6兆円でアジア1の大富豪に
中国・青島に総工費8170億円で「中国版ハリウッド」を建設へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP