ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広澤克実氏 キャンプ視察で絶対に練習内容に口出しせぬ理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球キャンプを巡る報道を見ると、大物OBがキャンプ地を訪れ、「急遽、○○に指導を行った」といった類の記事がしばしば見られる。時に「ガーンと行け」などの精神論に頼りがちな大物OBの指導は、その是非が問題視されることもあるが、OBたちは、ただ威張りに行っているわけではない。それぞれが球界を良くしようと考え、また彼らなりに努力をしている。

 例えば近鉄などで活躍した若手OBの一人である金村義明氏は、評論家になった当初から、キャンプでは朝一番に球場に行って選手を迎え、12球団すべてを回ることを心がけていた。栗山英樹氏も12球団を回る真面目な性格で知られ、その評価もあって、現在の日本ハム監督の座を掴んだともいわれている。

 ヤクルト、巨人、阪神で4番を打った広澤克実氏は、こう語る。

「僕は大御所でもないし、それほど実績もない。だから評論家としてキャンプを視察に行ったときには、絶対に練習内容には口出しはしません。現場のコーチに失礼ですから。子供たちの野球教室でも同じこと。いつも指導者が右と教えているのに、一度だけ訪れた僕が左と教えたら、子供たちにも指導者にも申し訳ないと思うからです」

 若いOBには広澤氏のような考え方を持つ人物が増えた。一歩引いた立場で球界を支えている。

 その意味では確かに指導してしまうのは大御所と呼ばれるOBが多いかもしれない。だが彼らは、現在の選手が到底届かないような大記録を打ち立てた実績、さらにはプロ野球の黎明期を支え、現在の繁栄を導いた立役者でもある。

 そのおかげで今のプロ野球があるという感謝と、敬意は忘れてはならない。選手にはOBの言葉に耳を傾ける義務があるのだ。「ありがた迷惑」だなんて思ってはいけないのである。絶対に。

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
プロ野球は選手だけでなく審判団もキャンプイン 発声練習も
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
元スカウト 古田敦也・高橋由伸らの入団の舞台裏を暴露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP