ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「睡眠は足りているけど、なぜか疲れている」7つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「睡眠はとても重要ですが、それだけが1日のエネルギーを左右しているわけではありません」。そう警笛を鳴らしたのは、「Elite Daily」のライターLeigh Weingus。

ちゃんと寝ているのに、疲れがとれないのはなぜか。彼女は、その理由を睡眠以外の生活習慣から分析。原因と思われる7つの要素を紹介しています。いくつ当てはまるか、チェックしてみてね。

01.
糖分を摂り過ぎている

マウントサイナイ医科大学のNicole Avena医師の研究で、糖分の中毒性が、コカイン以上に及ぶとの結果が示されました。

糖の摂取は、1時間30分以内であれば高いエネルギーを生み出せるものの、以降は疲れを感じさせやすくすると考えられています。より多くの糖を摂取したいと感じるようにもなるため、過剰摂取は体に毒。昼食後のおやつに、甘いモノを食べ過ぎていませんか?

02.
水分を摂っていない

夕食で、水の代わりにビールを飲む。オフィスワークをしている。そんなあなたは要注意。「デイリー・メール」紙には、ロジャー・ハンダーソン医師によるこんなコメントが。

「患者の多くは、十分な量の水分を摂取していません。皆、喉が渇いたと感じ始めるまで、脱水に気づかないのです。疲れや疲労感、頭痛や集中力の低下など、脱水症状はもっと早い段階で現れます」

03.
鉄分を摂っていない

鉄分は体全体に酸素を拡散する役割を担った、赤血球の構成成分です。不足すれば、疲れを感じやすくなると言われています。

04.
うつ病の心配がある

疲労はうつ病の兆候としても現れます。好きだったことへの関心が薄まったり、行動力が出なかったり。何をしても疲れを感じてしまう場合、専門家の助けが必要かもしれません。

05.
定期的に運動できていない

1日働いてもうクタクタ。その後に運動する?ムリムリ…。なんて思うのも無理はないでしょう。でも、実際定期的に運動をとりいれると、座りっぱなしの生活よりも元気がでるものです。ジョージア大学の研究でも明らかになっているようですよ。外見も引き締まるし、体を動かすメリットはたくさんあります。

06.
燃え尽きそう

がむしゃらに頑張り続けなければいけないときもあるでしょう。ただし、どんなに生命力が強い人にも限界は訪れます。少なくとも毎日1時間ほどは、自分と向き合う時間を持つことが大切でしょう。

07.
部屋が散らかっている

帰ってきたときの部屋の様子を思い浮かべて下さい。洗いものが山積みのシンク、服が散乱したベッド、足の踏み場がない床。きっとため息がでるでしょう。そのときに感じているのは、紛れもなく疲労です。

プリンストン大学の調査によると、散らかった机は、より情報処理の負荷が増し、精神疲労に繋がることが分かっています。そろそろ春の大掃除をしておくタイミングかも?

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

あなたの健康に大きな影響を与える「44の小さなコト」
どれだけ寝ても疲れがとれない「9つのワケ」
1日中、PCの前に座っているあなたがやるべき「8つのコト」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP