ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

待望の機能がついにiOSでも!Google mapのルート案内、立ち寄り設定が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドライブや街歩きに、Google mapを活用している読者は少なくないだろう。入力するだけで最短ルートを瞬時に調べてくれ、ナビゲーションモードでは、何メートル先を曲がればいいのかまで教えてくれる。

すっかり紙の地図に取って代わった感のあるGoogle mapだが、このほどナビゲーションに新機能が加わった。ルートの途中に「立ち寄りスポット」を設定できるというものだ。

・音声検索にも対応

これは、目的地に向かう途中に眠気覚しのコーヒーを買いたい、これから参加するパーティーに花を買っていきたい、という時などに便利な機能。

使うには、まず目的地を入力してルートを検索。それから「add a stop」を選択する。すると、ガソリンスタンド・レストラン・スーパーなどのジャンルが表示され、選ぶとルート沿いで探してくれる。

もちろん、上記以外の立ち寄りたい場所をマニュアル検索することも可能。そして安全に配慮して、タップやタイプの代わりに音声で検索することもできる。

・立ち寄りにかかる時間も計算

これまでのGoogle mapと同じように、add a stopで検索した場合でもお店の評価などが表示されるので、いくつも候補がある時は素早く決断する材料となる。

そして立ち寄った場合、目的地までストレートに行く時よりどれくらい余計に時間がかかるのか分かるのも便利だ。

Googleによると、この新機能は長い間、ユーザーからリクエストがあったもの。Androidで先行し、このほどiOSでも使えるようになった。

Google mapをカーナビ代わりに使っているという人は、ぜひお試しあれ。

Google map official blog

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP