ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分のペースで楽しもう!気軽にできる趣味8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無趣味だから休日はなんだかだらだらしてしまう、何か趣味を持ちたいけど道具を準備したり、気負った趣味はやりたくない、という人に向けて気軽に1人でも始めることができる趣味を紹介します。

家の中でゆっくり好きなことしよう


読書

話題になっているベストセラーを読んでみたい、気に入っている作家の作品を片っ端から読んでいく、買ったはいいが時間がなくて読んでいない本が手元に何冊もある、きっかけは何でもいいんです。読書はいつでもどこでも本さえあれば手軽にできる、とっかかりやすい趣味です。読み出してみたら、意外に没頭して、もうこんな時間なんてこともしばしば。家の中で好きなものでも飲みながら、好みの体勢でできる趣味ですが、たまには新しい本との出会いを探しに、図書館や本屋にいってみるのもいいですね。

絵を描く

特別な用具を用意しなくても、家の中に筆記用具と紙くらいは誰でもあると思います。本格的に始めなくても、とりあえず落書き程度でも自分で好きなものを描いてみる!そんなことから始めてみませんか?パソコンがある人は筆記用具ではなくパソコンで描いてみるのもいいですね。ちょっと描いてみてはまってくれば、どんどんどんどん描きたくなってくるかもしれません。ちょっとしたイラストから本格的な絵画まで、描きたいものをかけば、どんどん夢もふくらみます。

漫画を読みふける

大人になってできる特権として、大人買いというものがあります。もう完結している漫画を一気に買って一気に読む。それも贅沢な時間ですね。ドラマの原作になっている話題作を読んだり、子どものころによく読んだ漫画をまた読み返してみたり、といろいろな楽しみ方ができます。今は漫画喫茶もありますし、レンタルもあるので、読みたい作品を手軽に読める時代です。

ゲーム三昧

ゲームが好きな人は時間の許す限り、ゆっくりゲーム三昧というのもいいですね。今はスマートフォン、パソコン、ゲーム機など、ハードは様々なものが選べます。ひとりでどんどんやりこんでいくRPGなどをやるもよし、パズルゲームで頭を鍛えるのもよし、アクションでひたすら点数を重ねていくのもいいでしょう。自分の好きな分野を極めれば、楽しく、集中力も身につきます。ゲームによっては反射神経も強化されるかもしれないですね。今は頭を使うだけでなくダンスなど体を使うゲームもあるので、そんなゲームもおすすめです。

外に出てアクティブに過ごそう


公園・庭園散歩

積極的に外にでる趣味として、なかなか忙しいときにはいくことがない、近くの公園などを散歩してみるのはどうでしょう。自然や緑の中をゆっくり景色をみながら散歩すれば、季節ごとに新しい発見があるかもしれません。特になにかするわけでなくても、リラックスして散策するだけで日頃のせわしない気持ちがリフレッシュされるでしょう。

ドライブ

車を持っている人はドライブなんかどうでしょうか?車は移動できるプライベート空間です。好きな音楽を聴きながらドライブするもよし、音楽に合わせて歌いながらいくのも周りを気にしなくてもいいのでストレス発散になります。なんとなく目的地を決めずにドライブ自体を楽しむのもいいですね。着いた先に気に入ったもの、素敵な景色があれば、より充実したドライブになるでしょう。

おいしい店めぐり

おいしいものを食べるとみんな笑顔になりますよね。せっかくの休日、おいしいものを探しにいくのはいかがですか。ラーメンでも甘いものでも自分の好きなジャンルのお気に入りをひたすら探すのもいいし、雑誌やインターネットで紹介されていたお店を探していってみるのもいいでしょう。楽しみ方は自分次第です。笑顔になってまたいきたいと思うお店をどんどん見つけていきませんか?

美術館めぐり

芸術に触れることは心を豊かにすることにつながります。美術館は各地に意外といっぱいあり、何箇所もつづけて周れるよう周遊パスなど用意しているところもあります。自分のお気に入りの作品や美術館を探して、ゆっくり思いのままに鑑賞してみませんか。きっと心がいやされるはずです。

まとめ

気軽に始められそうな趣味を何個があげてみました。これはやってみたいな、という趣味はありましたでしょうか。趣味があると生活にメリハリがつき、人生に張りがでてきます。今はまだ趣味といえるようなものがないという貴方にもぴったりな趣味がみつかるといいですね。

関連記事リンク(外部サイト)

休日に出来る男性に人気の趣味6選
自分を深めたい人に!28歳の自分をつくる趣味13選
【2時間以内の習い事限定】私らしい感性を活かせる!空いた時間を有効活用♪ 自分磨きカタログ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP