ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝食専門店の食堂で「トルコの朝食」に感動する / ワールド ブレックファスト オールデイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

トルコの朝食
1500円

トルコはグルメの殿堂だ。特にトルコ料理は世界的にも認められている、素晴らしいグルメ文化を体験できる。トルコの朝食のレベルは高く、パンや卵焼きといったシンプルな料理ながら、そこに使われているトルコ独特の食材や調味料により、他国では味わえない魅力を生み出している。

・20163~4月はトルコの朝食を提供
東京外苑前の朝食専門店「ワールド ブレックファスト オールデイ」は、世界中の朝食を堪能できる人気の食堂だ。イングリッシュブレックファストが定番メニューとしてあり、さらに期間限定で、あらゆる国の朝食を楽しむことができる。2016年3~4月はトルコの朝食を提供している。

・香ばしいテイストのギョズメレ
パキスタンのチャパティのようにも見える薄皮の料理は、ユフカと呼ばれる小麦の生地を使用した、野菜のギョズメレ。トマトや野菜がゴロゴロと入ったスクランブルエッグは非常に薄味で、香ばしいテイストのギョズメレと合わせることにより、深みのあるテイストに。

・トルコ産の蜂蜜がたっぷり
トルコは発酵した食材の宝庫。そのためヨーグルトも美味で、いちばん有名なのが塩分が入ったヨーグルトドリンクのアイラン。トルコではアイランをはじめとした発酵食品が定番。この朝食にもヨーグルトがついているが、アイランではないものの、トルコ産の蜂蜜がたっぷりとかけられている。

・いつでも朝食が楽しめる
「ワールド ブレックファスト オールデイ」の営業時間は7:30~20:00だが、その時間内であれば、いつでも朝食が楽しめる。そもそも朝食専門店なので、朝食とドリンクしか扱っていない。トルコの朝食を提供している期間内は、アイランをはじめとしたトルコやその周辺国のドリンクが用意されている。

・ぜひとも体験しておきたいトルコの朝食
ちなみに、トルコにも朝食専門店がいくつか存在する。そう、トルコは朝食をとても大切にする国なのだ。さらに野菜をメインとした朝食なのでかなりヘルシー。トルコに行ったらぜひとも体験しておきたいものだ。しかし、トルコ旅行の予定がある人や、トルコに行きたくてもいけない人は、この店でその雰囲気を味わうといいだろう。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2016/03/05/world-breakfast-allday/

ワールド ブレックファスト オールデイ
住所: 東京都渋谷区神宮前3-1-23
時間: 7:30~20:00
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13158232/

東京メインディッシュ
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP