ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伸ばし続けた「背中の毛」をカレンダーに・・・その理由に拍手!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

なかなかにインパクトのある、一人の男性。彼の名はマイク・ウルフ。周囲の人と比較して圧倒的に濃い体毛、特に「背中の毛」が長年の悩みだった。

しかし、今ではそんなコンプレックスとも上手に付き合っている。

コンプレックスの
「せな毛」をアートに!

実は彼、悩みの種だった「せな毛」を一種のアートに変え、カレンダーにしてしまった。しかも、作品には月ごとのテーマがしっかりと反映されている。

一度剃り、再びせな毛が伸びて“キャンバス”になるまでには、4ヶ月を要するのだそう。つまり、一年の制作キャパシティーは3ヶ月分がMAX。カレンダーとして完成するには、4年もの歳月がかかった模様…。以下が身体を張って作り上げたその大作だ。

1月

新年を祝う、めでたいデザイン。

2月

バレンタインデーをテーマに、恋のキューピットを。

3月

4月

5月

6月

そろそろ海の季節。

7月

アメリカの建国を記念して…。

8月

子どもたちとお揃いのリュックでお出かけ。

9月

10月

TRICK OR TREAT!

11月

12月

このカレンダーの価格は25ドル(約2,800円)。購入はコチラから。しかも…

「せな毛カレンダー」の売上は
ケニアの孤児院へ!

なんと、このカレンダーの売上の一部は、ケニアの孤児院に寄付される仕組み。地元の協会と手を組み、同国の子どもたちの教育面をサポートする体制まで構築している。

ちなみに、これまでに2人の子どもが寄付金によって学校に通えることになったのだそう。目標の20人に向け、マイクさんの挑戦はまだまだ続きそうだ。

Licensed material used with permission by Calendhair

関連記事リンク(外部サイト)

「もしも、一つだけ願いが叶うとしたら?」がん患者と健康な人に、同じ質問をした結果・・・
1927年製のパイプオルガンで『スター・ウォーズ』を演奏してみた(動画あり)
靴底で溶岩を踏んでみたら・・・(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP