ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇宙飛行士・山崎直子のアナザースカイ「宇宙」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月4日(金)に放送されたアナザースカイでは、日本人最後のスペースシャトル搭乗員となった宇宙飛行士・山崎直子さんが第二の故郷「宇宙」のルーツを辿る旅をしました。

 

山崎直子のアナザースカイ・宇宙

有難うございます! 2012年の野口さんのアナザースカイに続いて、第二の故郷・宇宙 です。 https://t.co/JUBPe2Bqob

— Naoko Yamazaki (@Astro_Naoko) 2016年3月4日

山崎さんは、1994年に留学していたメリーランド州立大学を再訪。日本で一人暮らしの経験もなかった山崎さんがどのようにアメリカ留学時代を過ごしたのか、当時を振り返りました。

 

また、スミソニアン博物館ではスペースシャトル「ディスカバリー」に再会。宇宙飛行士採用試験、訓練、実際に任命されるまで詳しく語りました。
宇宙に興味がある方におすすめの記事はこちら
世界で一番宇宙に近い6つの場所!
宇宙好きなら知っておきたいTwitterアカウント4つとハッシュタグ
まるで「ゼロ・グラビティ」の世界!Goproで撮った宇宙がハンパじゃない!

 

宇宙の楽しみは「食卓を囲むこと」


photo by Reinhard Link

 
スペースシャトルの発射台があるケネディスペースセンターも訪問し、NASAの施設を特別に公開しました。

宇宙で楽しかったことは「みんなで食卓を囲むこと」と語った山崎さん。実際に宇宙で寿司パーティーを開いたそうです。また、みんなで「地球を見ること」も格別だとか。

 

ワシントンのアーリントン墓地に赴くと、当時ディスカバリーの船長だった今は亡き恩人に感謝の気持ちを伝えました。

 

山崎直子にとって、宇宙とは

「ふるさと」。山崎さんは無重力で身体がふわっと浮いたときに、懐かしいと感じたそう。宇宙のかけらから私たちも生成されており、遠いところの冒険ではなく故郷に立ち返るという印象。

「宇宙のバトンが、私たちにも伝わっている」と語りました。

 

次回のゲストは郷ひろみ

次回3月11日放送のゲストは郷ひろみさん。

留学をした想い出の地・ニューヨークを訪れ、ダンスや歌を学んだ当時を振り返ります。

関連記事リンク(外部サイト)

もう寂しくなんてない!海外ひとりごはんに役に立つ5つのテクニック
両親への感謝を動画に載せて世界中から送ります「I love you, 父さん母さん」
これから旅へ出る人へ。旅人歴25年!僕の旅を楽しむ為のルールとは?
言い値の10分の1から交渉開始!10年アジアで生活した僕が教える「値切り交渉術」とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP