ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性1000人が選ぶパワースポットランキングが発表!第1位は日本の神様が集まるあの場所!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

皆さんパワースポットに興味はありますか?金運、恋愛運、健康運と自分の気になるご利益を得るにはどこへ行けばいいのか、知っておきたいものですよね。

なんと、住友生命グループのメディケア生命保険が女性1000人を対象にアンケートを実施し、2016年に女性が行きたいパワースポットランキングを発表しました!

 

1位 伊勢神宮(三重県)

photo by pixta

第1位は三重県伊勢市にある伊勢神宮です。伊勢神宮とは「伊勢の神宮」という意味であり、正式名称は「神宮」です。

 

日本民族の「大見祖神(おおみおやがみ)」として崇められている「天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りしている内宮と、衣食住や産業の守り神である「豊受大御神(とようけのおおみかみ)」をお祀りしている外宮のほか、125の宮社があります。

 

私利私欲の祈願をするのではなく日頃の感謝をお参りする場所であり、20年に一度、日本各地の神様がこの地に集うとして新たに神宮を建て替える「式年遷宮」としても有名です。

ちなみに「お伊勢参り」は外宮からと決まっていますので、お越しの際にはご注意を!

 
■詳細情報
・名称:伊勢神宮
・住所:「内宮」三重県伊勢市宇治館町1/「外宮」三重県伊勢市豊川町279
・アクセス:「内宮」まで車の場合/伊勢自動車道伊勢西ICから、三重県道32号伊勢磯部線(起木本道路)を南へ2分、のち「蒲田」交差点から伊勢街道を南へ2分、「外宮」まで車の場合/上記、伊勢磯部線を北へ約5分(詳細は公式サイトをご覧ください)
・参拝時間:夏期5:00~19:00/冬期5:00~17:00
・定休日:無休
・電話番号:0596-24-1111(午前8時30分~午後4時30分)
・参拝料金:無料
・所要時間:外宮は入口(火除橋ひよけばし)から正宮まで約10分、内宮は入口(宇治橋うじばし)から正宮まで約15分
・オススメの時期:毎月1日限定の朔日参りをおすすめします。
・公式サイトURL:http://www.isejingu.or.jp/

 

第2位 出雲大社(島根県)

photo by pixta

第2位は島根県出雲市にある「出雲大社」です。出雲は神の国、神話の国として言い伝えられています。

 

神の国「出雲」には今もなお古の神社がいたるところにあり、その中心が「大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」をお祀りする出雲大社です。大国主大神は通称「だいこくさま」の名で慕われ、人々の生活の基礎を固められたといわれています。

 

私たちの遠い先祖たちと一緒に切磋琢磨したことから、出雲大社には人と人を発展の道へ結ぶご利益があると言い伝えられています。

恋愛成就ももちろんのこと、さまざまな良縁祈願をすることができます。

 
■詳細情報
・名称:出雲大社
・住所:〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
・アクセス:東京駅 - JR出雲市駅 新幹線(岡山経由)→ 特急やくも(約6時間30分)
・参拝時間:6:00~20:00
・定休日:無休
・電話番号:0853―53―3100
・参拝料金:宝物殿150円/彰古館50円
・所要時間:約1時間~2時間程
・オススメの時期:10月
・公式サイトURL:http://www.izumooyashiro.or.jp/

 

第3位 厳島神社(広島県)

photo by pixta

第3位は広島県廿日市市の厳島にある神社です。ご皇室の安泰や国家鎮護、また海上の守護をしている神様が祀られています。

 

平清盛に篤く崇敬されたことから、時代が移り変わってもなお多くの皇族や貴族が参拝に訪れる土地です。毛利元就の「厳島の戦い」の勝利や豊臣秀吉の「天下統一勝利祈願」などから必勝祈願のご利益があると言われています。

 

海面にそびえる朱色の大鳥居は干潮時になると真下まで歩くことができ、日本三景と言われるだけあって潮の満ち引きで変わる厳島の風景は圧巻です。1996年に世界文化遺産にも登録されています。

 
■詳細情報
・名称:厳島神社
・住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1-1
・アクセス:JR宮島口駅下車後船10分で宮島桟橋。宮島桟橋から徒歩15分
・参拝時間:6:30~18:00
・定休日:無休
・電話番号:0829-44-2020
・参拝料金:大人300円/高校生200円/中小学生100円
・所要時間:約1時間30分
・オススメの時期:10月・11月紅葉の時期
・公式サイトURL:http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/index.html(宮島公式サイト)

 

第4位 屋久島(鹿児島県)

photo by pixta

第4位は鹿児島県の屋久島です。樹齢7200年と言われる縄文杉の生命の息吹を感じさせるパワーは絶大です!

 

手つかずの大自然が残る屋久島は、スタジオジブリ作品「もののけ姫」の舞台としても有名です。1993年に世界遺産にも登録され、九州最高峰の宮之浦岳(1935m)もあることから「洋上のアルプス」と呼ばれています。

 

太古の動植物が残る屋久島の新鮮な空気を思いっきり吸いこめば、身体の中からリフレッシュできること間違いなしです!

 
■詳細情報
・名称:屋久島
・住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町
・アクセス:「フェリー」鹿児島港→屋久島(宮之浦港)所要時間 約3時間45分 1日1便(ほか詳細は公式サイトをご確認ください)
・定休日:12月~2月はトレッキングオフシーズン
・電話番号:0997-49-4010(屋久島観光協会)
・料金:トレッキング費用約10000円
・所要時間:トレッキング約3時間
・オススメの時期:5月
・公式サイトURL:http://yakukan.jp/

 

第5位 浅草寺(東京都)

photo by pixta

第5位は東京都浅草にある浅草寺です。東京都最古のお寺であり、年間3000万人もの人が訪れるとされる浅草寺は、雷門や下町情緒も相まって外国人の観光客も多いお寺です。

 

本尊の聖観世音菩薩さまの御慈悲により、「努力ではどうにもならない不幸」や「欲望を高貴な目的に昇華する」など、そのあたたかい慈しみの心を感じられるご利益があるといわれています。

 

浅草寺にとどまらず周辺にもよい運気が集まっていますので、活気づいた街並みを散歩してみてはいかがでしょうか。夜23時までライトアップもしています!

 
■詳細情報
・名称:浅草寺(せんそうじ)
・住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
・アクセス:東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
・参拝時間:6:00~17:00
・定休日:無休
・電話番号:03-3842-0181
・参拝料金:無料
・所要時間:雷門→仲見世通り→浅草寺まで約30分
・オススメの時期:通年
・公式サイトURL:http://www.senso-ji.jp/

 

まとめ

いかがでしたか?メディケア生命さんのアンケートによると、20代から40代までの女性がパワースポットへ行きたい理由第1位は、「金運アップ」でした。意外にも恋愛運アップではないことに驚きです!

筆者は旅先での良縁やお守りを目当てにパワースポットへ訪れることをおすすめします!

関連記事リンク(外部サイト)

気がつけばイタリア!スロベニアにある分断された街「ノヴァ・ゴリツァ」
プリンセスに大変身!お姫様になれちゃうアクティビティ5選
【花粉症対策に!】旅行やオフィスにもポータブル加湿器で快適な新生活を。
世界一周経験した女子大生が現地の人と仲良くなれた4つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP