体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

薄さ1.5mmのソーラー充電器が旅のスタイルを変えるかも?「Solar Paper」が世界から大注目!

「やばい!スマホの充電がなくなって連絡が取れなくなちゃった…」

誰しもが、そのような経験をしたことがあるのではないでしょうか?そんな時、持ち運びできるバッテリーを持っていれば良いのだけれど、荷物が重くなるしちょっと面倒くさい。

 

しかしながら、シカゴのYOLK社が開発した「ソーラーペーパー」は、手軽に持ち運びでき、しかも太陽光で充電できる世界最小のソーラー充電器です。

さて、それでは今後さらに世界の注目が集まりそうな充電器、「ソーラーペーパー」の魅力に迫ってみましょう。

 

太陽があればどこでも充電可能

Magnets_02

Photo by yolkstation.com

このソーラーペーパー、太陽の下であればどんな場所でも充電可能。

外のカフェで友達とおしゃべりしながら充電、日光の当たる場所で勉強しながら充電など、日光さえあれば、自分の好きな時に好きな場所で充電することができます。

バックパックの後ろにつけてソーラーペーパーをつけたまま充電する…なんてことも!

 

薄くて軽い!そして丈夫

Solar_Panel

Photo by yolkstation.com

ソーラーペーパーの最大の魅力の1つといえば、なんといってもその薄さと軽さ。大きさは1万円札とほとんど変わらず、その薄さはなんとたったの1.5mm。

重さも約113gととても軽く、持ち運ぶのに全く負担になりません。見た目もスタイリッシュなので、本や手帳に挟んでしおりのようにして持ち歩くこともできます。

 

USBケーブルでつなげるものなら何でもOK

Magnets

Photo by yolkstation.com

ソーラーペーパーは、スマートフォン、タブレット、トランシーバー、懐中電灯、携帯型ゲーム機、カメラ、ビデオカメラ、充電式のバッテリーなど、USB経由で充電できるほとんどのデバイスを充電することができます。

ソーラーペーパー1つさえあれば、充電の心配をする必要はありません。

 

防水加工

Solar_Panel_02

Photo by yolkstation.com

屋外でも使いやすいよう、防塵・防水加工もバッチリされています。端子の接続部分を濡らさなければ、水に濡れても問題なく使うことができます。

外で突然雨が降ってきても、これで安心。

また太陽の光を使って充電するので、環境にも優しいのが嬉しいところ。今話題となっている、サスティナブルデザインと言えるのではないでしょうか?

 

たった2時間30分で満タンに

Under_theS

Photo by yolkstation.com

このソーラーペーパーは、晴れた日には約2.5時間でスマートフォンを充電することができるそう。家で充電するのとほとんど変わらない時間です。

ソーラーペーパーのパネルはマグネットで連結させることができ、2枚のパネルでは5ワット、3枚のパネルでは7.5ワットと、パネル数を増やせばそれに従って充電できる電気量も増えていきます。

 

便利なオートリセット機能が付属

Convenient

Photo by yolkstation.com

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。