ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android入門講座 : root(ルート)化って何? 何が嬉しいの? 自分の端末もroot化すべき?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Android の基本的な機能の使い方などを紹介する「入門講座」として、Android の上級者がよく行うアンダーグラウンド的なカスタマイズ方法の一つ「root 化」の概要を説明したいと思います。ネットや Android に詳しい人から「root 化すると便利になるよ」という話をよく目にしたり聞いたりすると思いますが、この「root 化」とはいったい何なのか、root 化して何が嬉しいのか、自分の端末も root 化すべきなのかといった疑問を持つ方は多いと思います。このことについて私の見解をお伝えします。まず、root 化(読みは「ルート化」です)を説明します。root というのは Android の基になっている OS「Linux」の管理者ユーザー名のことです。Windows の場合は Administrator / 管理者に相当します。Android は基本的に Linux の一つにあたるので、本来は root ユーザーも利用できるのですが、Android の設計思想から root ユーザーは一般には開放されていないので発売された Android 端末のほとんどでは利用できないようになっています。なので人々は root 化しようと試みるのです。root ユーザーが利用できるようになると何が嬉しいのか。それは、Android の全てのフォルダ(Linux の世界ではディレクトリ)やファイルにアクセスできるほか、全てのファイルを書き換えるられるようになることです。この強力な権限を利用すると、CPU の動作クロックを変更したり、プリインストールアプリを削除したりと、一般のアプリではできないことが可能になります。その代表例と言えるのが「Root Explorer」でしょう。このアプリは全ての Android の全てのフォルダ・ファイルにアクセスでき、しかも、システムアプリなども削除できます。ちなみに、なぜ管理ユーザーなのに Administrator ではなく root と呼ぶのかというと、それは、Linux システムのプロセス(OS の動作に必要なサービスのこと)やファイルシステムがツリー構造になっているからで、ツリーの根っこ・・・ root からきています。Unix や Linux を使っている方にとっては普通のことでしょう。ついでに、root 系のアプリでよく「#」が使用されていますが、これはコマンド入力アプリのコマンドラインプロンプトが、一般ユーザーだと「$」のところ、root ユーザーになると「#」に変わるからです。Android の上級者なら root 化することは容易だと思うことでしょう(方法が見つかっていればの話)。そのため、近くには root 化している方から「root 化すれば何でもできるよ」といった感じでおすすめされるのです。だったら自分の端末も root 化すべきかどうかということは、root 化によって実現したいことと、それに伴い発生するリスクが自分にとってどうなのかによるので、root 化すべき、すべきでないは断言できません。root 化した場合は、目的を達成できる一方で、セキュリティのリスクが高まり、「改造品」となるのでメーカーやキャリアのサポートが受けられなくなる可能性が出てきます。また、root アプリは(当然のことながら)メーカーやキャリアの検証が行われていないので、不完全なアプリだと、端末を高温にしてしまい故障させたり、再起動を繰り返したり、運が悪ければ、起動しなくなることがあります(いわゆる文鎮化)。私はこれまでの Android 生活の中で「Motorola ATRIX」という機種を完全に文鎮にしてしまいました。つまり、自己責任ということです。root 化しなかった場合は上述のようなリスクを負う必要がありません。私の場合、今でも一部の端末を root 化していますが、自己責任で行うべきことなのは重々承知しているので、たとえ問題が起きても、端末が文鎮になっても、特に文句は言いません。root 化にはこのようなスタンスで取り組むべきだと思います。

■関連記事
TCL、$199 の低価格タフネススマートフォン「Alcatel OneTouch Go Play」を発売
Google、Google検索に直接コンテンツを作成できる「Google Posts」を開始
Android Tips : Windowsの標準機能を利用したPCとAndroidのBluetoothファイル転送の仕方

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP