ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陸上選手を遥かに凌ぐ加速度!アメフト選手のトライアウトの俊足ぶりがすごすぎる【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドラフト候補の選手が一堂に介して身体能力をテストなどでアピールするNFLの「スカウティング・コンバイン」。その中で自身のスピードを競う40ヤード・ダッシュで好タイムを出したジョージア大学のキース・マーシャルという選手が話題となっている。

https://streamable.com/6rop?t=2.7

40ヤード(36.5メートル)を4秒31というタイムを叩きだしたマーシャルは、今年のドラフト候補の中ではダントツのトップ。100メートル換算すると11.8秒と考えると、陸上ではまずまずのタイム。しかし、鍛え方がかなり違うアメリカンフットボールの世界では、瞬発力が命。タイムの速さはさることながら、10ヤード単位で一気にトップスピードに達する能力が重要なのだ。陸上のエキスパート、例えば100メートル走るランナーが初速の36メートルだけで争うとアメフトの選手には到底かなわないのである。

今回マーシャルが叩きだした4秒31という記録は、過去のスカウティングで歴代11位のタイム、ここ10年の40ヤードダッシュでは3位ということで、かなり高い注目を浴びている。史上最速は2008年のクリス・ジョンソン(アリゾナ・カージナルス)の4.24秒だ。

Keith Marshall (@FootballUGA) officially ran a 4.31 40-yard dash, 3rd-fastest by a RB at the #NFLCombine since 2006: pic.twitter.com/XqLP53bcdo
– ESPN Stats & Info (@ESPNStatsInfo) 2016年2月26日

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

『ヘイトフル・エイト』美術監督・種田陽平がタランティーノ監督を徹底解剖!?「タランティーノの小津安二郎化現象」って?【後編】
モスバーガーから今年も「レタスすぎるバーガー」が発売されるぞ!3月22日から「モスの菜摘(なつみ)」シリーズスタート
チェルシー 前監督・モウリーニョがスマホサッカーゲームのCMに登場!戦術などの監修にも協力してて胸アツすぎる【動画】
怖すぎだろ!空き部屋シェアサービスで家を借りたら死体が転がってた【動画】
カッチカチやで!氷の剣で果たしてスイカは割れるのか試してみた【検証動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP