ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11年目突入の滝沢歌舞伎出演のJr.4人が意気込み語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 滝沢秀明が主演・演出を手掛ける舞台『滝沢歌舞伎』。11年目を迎える今年は原点回帰ということで、キャストに先輩であるV6の三宅健を迎え、新風を吹き込む。脇を固めるジャニーズJr.もSnow Manに加え今後の歌舞伎を担う若手が出演することとなった。

 昨年のシンガポール公演を経て、さらなるインターナショナル戦略を見すえた滝沢が選んだ4人に聞く。まずは、SixTONESの京本大我(21才)に話を聞いた。

「去年は舞台『エリザベート』と重なってしまったこともあり『滝沢歌舞伎』に出演できなかったんですが、滝沢くんが楽屋の暖簾をくれたんです。毎日“今日も上手く演じきれますように”って暖簾に祈っていたくらい、精神的に支えられました。ぼくは今までバックで踊ったり歌ったりしていた時間が長かったので、自分にスポットライトが当たることに慣れていなかったんです。

 今も三田佳子さんと舞台をやらせていただいているんですが、稽古前は眠れないほど不安になりました。でも最近はありのままでいいんじゃないのかなって思えるようになったので、何でも包み隠さずさらけ出すようにしています。これからは、どんな状況においてもスイッチを切り替えられるようになりたいです」

 同じくmSixTONESのジェシー(19才)が、ワクワクする心をこんなふうに語ってくれた。

「『滝沢歌舞伎』に出演させていただくのは初めてなんですが、楽しみで仕方ありません。新しいことに挑戦させていただけるのって光栄なことだと思ってます。ハードなことをよりどれだけ楽しめるか、自分を磨いて何事にもプラスに考えるようにしたいですね。

 ひとつでもスキルを身につけていた方がいいと思うので、経験させていただけるのであれば、どんなことにも挑戦したいと思ってます。今回もたくさんのJr.が出演しますが、焦りはありません。やれるべきことをしっかりやり、それを上回ればいいわけですから。その都度結果を残し、次のチャンスに繋がるよう自分のやるべきことをしっかりやっていこうと思います」

 増田良(22才)はストイックな性格を覗かせた。

「久しぶりの『滝沢歌舞伎』で滝沢くんに心身ともに鍛えてもらうことになると思います。根本的にぼくは自信がないんです。パフォーマンスも肉体も人様に見せられるようなレベルに仕上げるのは当然のことだと思いますが、今回はそれ以上のレベルに挑んでいきたいと思ってます。

 いい意味で目立つ存在になりたいですね。舞台は体力も必要なので、最近は、Snow Manの岩本(照)トレーナーの元、絶賛筋トレ中です。腹筋6パックに割りますよ! ぼくは顔が濃いのが売りでやってるんですが、年々外国人感が増してきましたね。ハーフなので仕方ないんですけどね(笑い)。

 最後に、昨年の経験も踏まえてThey 武道の林翔太(26才)は、目標を設定しているようだ。

「昨年、『滝沢歌舞伎の』シンガポール公演にも出演させていただいて、あらためて滝沢くんの背中の大きさに気づきました。今回このメンバーに選ばれたときはビックリしましたね。

 このくくりの中に入ることが違和感でしかなかったんですが、入れてよかったと思われるようにしたいと思っています。

『滝沢歌舞伎』は腹筋しながら太鼓を叩く、腹筋太鼓がいちばん難しいと思います。バチも太めなものを使うので、筋肉は勝手についていきますね。練習を続けていくうちに自分の楽な体勢を見つけちゃうんですが、常に厳しい状況に身を投じていた方がいいです。お手本にするならSnow Manの佐久間か宮舘。深澤と(渡辺)翔太だけは見習っちゃダメだとアドバイスしておきます(笑い)」

※女性セブン2016年3月17日号

【関連記事】
10年目迎えた滝沢歌舞伎 滝沢秀明・北山宏光・藪宏太が語る
『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい
嵐・松本潤 歌舞伎見に行くも年配客多くほとんど気づかれず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP